スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダービーに向けて その③ 
 
皐月賞組、青葉賞馬、プリンシパルS馬と来て、

今回は残りの路線組を見ていきますかね。

まずは、京都新聞杯勝ちのトーセンホマレボシ。

京都新聞杯を勝つまでは、そこまで注視するような存在でもない気がしましたけどね、

その京都新聞杯、2馬身半差のレコード勝ちですか。

レコード勝ちを極端に重く見ようとは思わないけど、

この着差は、過去10年で、一番の着差。

その前だと、2000mの京都新聞杯で、テンザンセイザが同じ着差で勝ってるんですな。

そのテンザンセイザは、ダービーで、5番人気の6着。

そこそこ期待されて、そこそこ善戦。

なるほど。 まぁ、参考にしにくいですな。

着差だけ同格にしたら、エキストラエンド、ベールドインパクトを寄せ付けず、

レコード付きの、トーセンホマレボシはどう評価しますかねー。

京都新聞杯組は、ハーツクライ、インティライミが2年連続で2着になっている以外は、

3、4年に1頭くらいは掲示板に入り込むってくらいで、

強いと思ったら、相手にも一考って感じぐらいにしておくのが丁度良さそうなんですけど、

今回の勝ち馬は、強いパターンの組に入れといた方が良いんですかねー。

数字的には、弱いはずはないって感じですけど、

非常に迷うところですな、ここは。

マイナスな面を見れば、

京都新聞杯以外、ちょっと地味すぎたかなってところはありますかね。

ただ、プラスの面を見れば、

強い競馬に導いた、ウィリアムズ騎手が、続けて騎乗するところですかね。

トーセンホマレボシは、レコードタイムを持っているっていう点で、

タフな展開を意識すれば、その兄トーセンジョーダンを重ねてしまう部分もあるし、

東京コース適正も、高いんじゃないかと思ってしまう。

そして、ジャパンカップで、そのトーセンジョーダンを前目に持って行って、

2着に粘らせたのも、ウイリアムズ騎手。

個人的に、ウイリアムズ騎手、東京コースはうまいと感じているので、

展開さえ向けば、それ以外は、ひょっとしたら・・・と思わせるような、

プラスな要素が多い気はしますな。


続いて、毎日杯の勝ち馬、ヒストリカル。

これも破格の馬って感じはしてます。

個人的には、距離さえ克服すれば、

持っているものはワールドエースと変わらないんじゃないかっても思ってるんですよね。

毎年、展開次第ってのはありますけど、

ダービーでは上がりの決め手勝負ってのも、勝ち馬のポイントのひとつで、

『上がり勝負』ということになれば、

ワールドエースくらいしか、敵はいないとも感じます。

問題としては、あまり見たことがない、毎日杯からの直行と、

先週のヴィクトリアマイルから見て、上がり勝負の展開になるのかってところですかね。

距離に関しては、とりあえず、今回心配しないことにしてます。

上で挙げたトーセンホマレボシは、

ディープインパクト × ノーザンテースト って血統なんですけど、

ヒストリカルも、同じなんですよね。

ダービーを走る前の評価としては、

タフな展開に向きそうなトーセンホマレボシと、

切れ味勝負のヒストリカルって感じではあるんですけどね、

同じような血統背景で、

これほど両極端な脚質ってのも、ひょっとしたら疑った方が良いかもしれなくて、

意外と、ヒストリカルの方も、バランス良い馬で、

距離延長とかも、そんなに問題ないんじゃないか?って気もしてきたんですよね。


まぁ、走ってみない事にはわからないんですけどねー。

ただ、自分の思い込みは、時には捨てたほうが良いって気はするんですよね。


っていうのも、

オルフェーヴルが勝った、去年の道悪ダービーの中で、

大きなストライドで走るタイプなウインバリアシオンは、

おそらく不良馬場は向かないだろうと思いこんで、

評価を下げたら、しっかり2着に走られたり、

その前の青葉賞でも、マイルがベストだろうなんて思っていて、

思い切り勘違いだったりっていうのもあったんで、

なんだかんだ、「勘」とか「思い込み」って、そんなもんって気もするんですよねー。

良い方に向く時もあるけど、思い切り勘違いしていることもあって、

自分なんて、後者が殆どですわ。

ヒストリカル、また1枠で安藤勝騎手ってのが、また小憎い感じもしますな。

ウインバリアシオン1枠でやられたってのもあるんですが・・・。

かなり面白い1頭だと、感じてます。


と、

皐月賞馬も含めて、大体ここまで挙げた馬が気になる感じですかね。

個人的には、展開絡めれば、どれもチャンスがあるように思えて、

本当に悩ましいですわ。

現時点の予想を言ったら、8頭のBOXってことになってしまいそうですな。


とりあえず、POG絡みで、

ディープブリランテとグランデッツァの馬連は、

どんな結論が出ようとも、持っている予定でやんす。


うーん、今年のダービーも、

な・や・ま・・・

四位洋文騎手! 


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/417-e45e21ca

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。