スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ダービーの予想。 
 
日本ダービーの予想。

おぉー、やっぱり響きが、ちょっと違いますな。

3歳の頂点を決める戦い。

ぜひとも当てたいですな。

個人的には、春先からやっているキャンペーンのこともあるので、

最後はキッチリ決めたい。

全的中どころか、全不的中を達成しそうな勢いで、

「オークス・ダービー両獲りしまっせキャンペーン」

も、継続できなくなった今、

「ダービー獲っちまえば、クラシック全部獲ったような気分になってしまうのさ!」

キャンペーンを、ついに発動することとなった。

ここだけでも持ってきたい。

ここを外したら、夏競馬のムリヤリな傷心キャンペーンに移行してしまうので、

それだけは、ぜひとも避けたいのである。


って、予想に関係ないところで、文字数使ってしまいましたな。

予想行きますか。


軸はワールドエースで行くことにする。


良いメンバーが揃ったダービーってことで、

エイシンフラッシュが勝った伝説のダービーから、展開を意識してみる。

エイシンフラッシュのダービーは、

各路線から、強い競馬で勝ち上がってきた馬が集結し、

たくさんの主役候補が、一堂に会したっていうレースで、

それぞれの騎手、陣営が、馬に自信を持っていたし、

負けてはいけない馬が、揃っていた。


レースは、テンこそ前の3頭が積極的に行ったものの、

すぐに流れは落ち着いて、ゆるゆるの展開からの、

直線、切れ味オンリー勝負になった。

それは、中団にひと固まりになっていたの有力馬グループが、

前にも後ろにもいる、有力馬を意識しすぎたこともあったし、

自分の馬が勝てる馬だと意識している以上、正攻法で行くほかはなくて、

結果、周りも自分も動けず、

全体として動きのない緩い展開が出来上がったっていう考え方もできなくはない。

強力すぎるが故の、スローなダービーだったと解釈している。


今年のダービーはどうかってことになると、

それぞれ有力馬がいながら、ワールドエース、ゴールドシップが2強というような、

現在の単勝オッズ。 でも、他にもチャンスはあるぞって感じで、

オッズのバランス的には、

ヴィクトワ―ルピサとペルーサが人気を分け合った時と、似ている。

で、中身はどうかっていうと、

ちょっぴり違う気はする。

これはあくまで個人的な感覚になるが、

それぞれ有力馬がいながらも、「ワールドエースの末脚は要注意」

ってのが、ある程度共通している部分になっているんじゃないかと思う。

皐月賞、その他のレースを見るに、ワールドエースに末脚勝負に持ち込まれたら、

なかなか敵いそうにもないってところで、

前、前って感じの流れになるんじゃないかと思っている。

前に行く馬にとっては、もちろんスローに落としたいところだが、

全体がそういう展開であれば、どうしても、さらに前に行くことを意識させられるし、

早めに追い出す馬とかも出てきそうで、

伝説のダービーとは違う、

ちょっと忙しい展開になる可能性があるんじゃないかとも思っている。

そうなると、パンパン(おそらく)の良馬場も手伝って、

ワールドエースの末脚が引き出される流れになってくるんじゃないかと思う。


素人くさい、かなりの妄想ですけど、

こんなとこから、ワールドエースを軸にしてみます。


相手は、後ろで脚溜めた軍団の末脚勝負ってことで、ヒストリカル。

1枠、安藤勝騎手。

枠も不気味だし、手の合うコンビって感じはする。


そして、もう1頭相手に指名したいのがスピルバーグ。

ある程度のペースになれば、キレに加えて、持続力も必要になってくるはずなので、

最後にしぶとく顔を出してきそうな、藤澤厩舎の最終兵器に期待してみる。

共同通信杯での最後1Fの伸びを見ると、距離延長でさらに期待できそうだ。

3着候補には、

やはり皐月賞馬の格、安定感、東京コース適正を買って、ゴールドシップ。

中団より前で競馬ができながら、末脚も良いものがある、フェノーメノ。

これも、前で止まらない可能性もある、京都新聞杯レコード勝ちの、トーセンホマレボシ。

皐月賞からの、巻き返し度が高いとみる、グランデッツァ、ディープブリランテ。

ここまでにする。


で、末脚勝負逆転も、大きく期待して、ヒストリカル頭の馬券も持っておきたい。

馬券の本線はここまで。


馬券の軸は、ワールドエース、ヒストリカルということになるが、

しかししかし、

本命というものは別だ。

チームPOG馬のグランデッツァ、ディープブリランテ。

この2頭を買いたい。

何気に、この2頭、応援馬券でチラっとじゃなく、

本気で狙ってみても良さそうな気もしてしまう。

グランデッツァは、先行抜けだしの形で、勝利を重ねてきたが、

皐月賞はまるで別の形。

馬場も問題にしていたし、大外枠もあったし、脚質的なものも加味すれば、

皐月賞5着は、上出来で、

今回も大外枠ではあるが、まだ測りきれていない期待地が、この馬にはあると思う。

皐月賞3着のディープブリランテにも、力強く先着しているのを考えても、

能力は明らかに上位と見ている。


そして、そのディープブリランテ。

今までまともに折り合いきれたレースってのが無いに等しく、

それでいて、一線級の活躍をしている。

皐月賞で、前のグループがしんどい展開で、

この馬だけはシッカリ残った。

今回、どういう競馬を期待したらいいかは、自分もわからないが、

皐月賞で、苦しい展開を3着ってのは、すごいはずだ。


そして、何よりもこの2頭、

追い切りが、すごく良く見えた2頭でもあった。

調教は、それほど何度も見ないし、

どこがどうって言えるほど、語れるモノは持っていないのだが、

この2頭の走りは、本当に力強く、気合も入っているようで、

出走メンバー中、一番くらいに良く見えた。

今回は、基本ワールドエースの展開で考えてしまったものの、

展開、気合、体力、その他、全てが噛み合ってくれば、

この2頭のワンツーも、あり得ない話では無いとも思っている。


ってことで、

グランデッツァと、ディープブリランテの馬連、ワイド。

グランデッツァから、ディープブリランテへ馬単。

この辺は買っておいて、

余裕があれば、他の組み合わせも買っておきたい。


キャンペーンなんで、おおよその買い目を記録しておきますか。

ワールドエース → ヒストリカル → 他5頭
             スピルバーグ  

ヒストリカル  → ワールドエース → 他5頭
            スピルバーグ 

グランデッツァ → ディープブリランテ

グランデッツァ - ディープブリランテ - フェノーメノ、ベールドインパクト
                            トーセンホマレボシ、ゼロス、
                            ゴールドシップ(前行くと仮定)    

こんな陣形になりそうかな。



まぁ、あれこれ考えましたけど、

チーム馬のワンツーだったら、ほんとに言うこと無いですわ。


いやー、

いよいよダービーが始まっちゃいますなー。

良いメンバーだけに、どんな結末が待ってますかねー!

とりあえず、興奮だけはもらう約束しておきます。


楽しみだー!

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/420-28e0cf93

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。