スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七夕賞とプロキオンSの予習。 
 
七夕賞と、プロキオンSの予習を軽くやっておきますか。

まず、七夕賞。

ウマジンPOGのチーム戦で重複指名していた馬、ダノンバラード、トーセンラーってのがいるんで、

なんとなくココから目についてしまう。


まずトーセンラー。

崩れたレースもあったが、

菊花賞3着、京都記念4着、鳴尾記念3着ってのを考えれば、力上位にも感じる。

実績的には、ナカヤマナイトあたりと同格と考えても良さそうな感じだ。


ダノンバラード。

こちらも、重賞で3連続で馬券になって、その後も崩れず掲示板を確保。

いつ古馬重賞を勝ってもいいくらいのレベルである。


色々迷ったら、この2頭から入ってしまえ!って考えも、なくはないのだが、

困るのが、おそらく人気側だということだ。

混戦模様のオッズになりそうとは言え、たぶん人気側。

トーセンラーも、ダノンバラードも、ちょっとやっかいなのが、

敗因がちょっとわかりづらい感じで、

どちらかと言うと、足りないところの方が目立ってしまう善戦マンにも見えてしまう。

この重賞善戦マンを、人気側で、しかもハンデ重賞で買うってのが、

すごく難しく思えてしまう。


でも、POG馬だった分、思い入れも強いし、買わずに来られた日には・・・

なんてことも考えてしまうのだ。

普通なら買いにくい馬なのだが、私情とかも入り混じって来て、

悩みまくれる仔羊と化してしまう・・・。


とりあえずこの2頭は置いといて、

七夕賞、これまでのレースをざーっと、映像で見てみると、

極端に外差しって感じがうかがえる。

昨年は中山開催だったので、やはり他の年と比較しても、違いを感じたが、

福島開催はどれも、道中も、直線も横に広がった攻防の中で、

中~外から伸びる馬が目立つように感じた。

直線での決まり方もわかりやすいが、

道中でのレース運びも、最終週って感じの特徴が出ていて、

馬場の悪い内を避けて通る組がほとんどの中に、

2、3頭、腹をくくって、内ラチ沿い走行する軍団も出てくる。

ところが、

能力に自信のある有力どころは、定石通りに外々を回ってくるが、

人気薄いところとか、まともに走ってもしゃーない軍団が、

一発狙って、イン走行を仕掛ける感じで、

この、ゴールドシップ作戦が炸裂したケースは、

おそらく無い。

過去レースをさらっと見た感じでは、

数年前のグラスボンバーが、「おっ?」って思わせたくらいで、

大体、お決まりのように、力尽きている。

ただ、グラスボンバーを見ていると、

ハマる時はハマるんじゃねーか!?

って、思わなくもない部分もある。

結局は、勝つための力が、そもそも足りずって感じで、

ゴールドシップみたいに、馬場悪いところもそれなりにこなせて、

それでいて、力もそれなりにあるって馬なら、

あの作戦もナシではないと、思ったりもしてしまう。

まぁ、変化球ですけどね、その技は結局・・・。

基本は外差しだと思うが、

その作戦にハマりそうな馬を探すことも、一応忘れないでおきたい。


って、馬場の話から、話がズレてしまいましたわ。


ただ、今年の福島コース、内側の痛み具合の進行が、

例年よりも激しくない気もしてるんで、

内がドッカリ空くかどうか、その辺も合わせて考えておきたいですな。


個々の馬に関しては、出走確定後に考えますかね。


プロキオンSは、2強ムードって感じか。

関係ないですけどね、プロキオンSって入力すると、

「プロ気温S」って出ますわ。

天気予報士の争いかっ! って軽く突っ込んだところで、

改めて出馬表見ると、

シルクフォーチュン、ファリダットの2強という図式に見える。

シルクフォーチュンは、昨年のプロキオンS、根岸Sのパフォーマンスを見れば、

左周りの1400mは、敵なしとも言って良いような強さを誇っているし、

距離が延びた、東京での南部杯、フェブラリーSでの3着が、

絶妙な感じに、それを証明している感じだ。

中京コースも差し・追い込みが生きてくる舞台。

GⅢの相手で、ベスト距離なら負けられない感じだ。

一方のファリダット、こちらは勢いで勝っている。

オープン2戦で、2連勝。

ダートに主戦場を移して、完全に能力が開花した感じだ。

距離、枠と、壁がありそうな前走を完勝した前走を見れば、

適距離であろう1400mでは、重賞級の存在に成り上がったと見ていい。

ただ、重賞を勝っている格で考えれば、シルクフォーチュンが上になってしまうし、

中京コースって部分で、距離の幅を確立しているシルクフォーチュンの方が、

ちょっと信頼感はあるのかもしれない。

ただ、芝の安田記念で3着ってのがあるんで、

未知の奥行きってのを考えると、同等ぐらいには意識しなければならない気はする。


おそらく、人気もレース自体も、この2頭での競り合いって感じで見ていて、

WIN5目線でも、90%この2頭って感じはするが、

突っ込みどころがあるとすれば、

2頭とも追い込み馬。

馬券的には、この2頭軸の3連系なんてのが銀行馬券なのだろうが、

先行馬2頭が人気っていう図式に比べると、

この追い込み馬2頭が人気っていうパターンは、

ちょっと紛れが起きやすい可能性が高い気がしている。

通常馬券の考え方は、この2頭を基本に考えていいのだろうけど、

WIN5的には、先行馬のクサイところを混ぜん込んでおくのも、

ちょっと考えておく必要があるかもしれない。


どの馬にするかは、わからないし、

実は、そんな期待の持てる馬が、いるのかすらもわからないが、

一応、そんな方向で考えてみるつもりでいる。


テイクアベットとか、インオラリオあたりか?

うーん、薄いかなぁ。

色々考えておきますか。


最近、暑いっす。

夏っぽくて良いんですけどね。

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/455-2b3a7194

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。