スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七夕賞と、プロキオンSの予想 
 
七夕賞とプロキオンSの予想行きますかー。


混戦ですなー。今年は。 今年もか?

馬の純粋な能力だけってなら、もうちょいは整理つけれそうな感じはあるのだが、

難解な馬場状態とあって、どの馬にもチャンスがありそうな感じだ。

色々考えたが、

馬券は2パターン用意して臨もうと思っている。

まずは、本線の馬券。

予習の段階から、適正、能力面から見て上に見ていた、

ゲシュタルト、エクスペディション。

小回りのうまさや、重賞で好走している内容、時期的なものなど、

その辺りを汲み取って、本線の軸2頭という構えで行きたいのだが、

不安なのは、どちらも休み明け。

どちらも、休み明けがダメってことはなさそうにも感じるが、

ゲシュタルトは、難しそうな最内枠。

エクスぺディションは、人気側にも関わらず、重賞では馬券内がない。

これだけ混戦の中で、この人気側2頭から、やたらに拡げるのも良い手って感じはしない。

そんなところで、ここは馬連1本だけ、まずは買っておきたいのだが、

オッズとの兼ね合いで、色々考えた結果、

3連単の1、2着固定、3着全頭流しっていう作戦で行こうと思う。

全頭流しって手は、基本的に無駄が多い買い方だが、

今回、出走メンバー全頭、

なんなら、ビリ人気のサンライズベガにまで馬券の可能性を見てもいるんで、

断然コッチの方が、良い買い方な気はしている。

当たれば。

前日の段階では、ガチガチでも250倍はついているし、

完全確率で考えれば、1000倍、2000倍の配当になる可能性の方が高い。

当たれば。


とりあえず、この馬券、今回は買っておきます。


で、もう片っ方は、波乱側から、ニシノメイゲツから買ってみたい。

波乱側から1頭チョイスするだけでもずいぶん悩んだが、

最終的には斤量で決めた。

今回、ニシノメイゲツの斤量53kgは、イケトップガンの51kgに次いで、軽量。

斤量だけで、ニシノメイゲツが買えるか!って話にもなるが、

一昨年の、ドモナラズの勝利を考えれば、十分買っても良いと考える。

ドモナラズは、七夕賞以前にも、古馬の重賞に出走はしていたが、

全て2桁着順。

ついでに、オープンでも2桁着順。

七夕賞の前走にあたる福島TVオープンで、やっとこさの4着。

1600万を勝った時のレースも、それまでの着順、そして人気を考慮したら、

どちらかと言えば、運良く勝ったくらいのレベルで、

大きな変化がなければ、重賞で勝つような馬には見えないような馬と言える。

そのぐらいの馬が、七夕賞を勝っちゃいますかーって感じだ。

馬の状態や、前走でうっすら見せた福島コースへの適正もあったかもしれないが、

この時のドモナラズの負担重量は、最軽量の52kg。

斤量が勝利へ導いた分は、ちょっと大きいんじゃないかと思う。

ニシノメイゲツは、古馬重賞に出走していないとは言え、

前走の1600万は、そこそこ人気サイドで勝ったし、

ドモナラズは重賞出走してんだぜ!って言っても、

ほんとに、出走してきましたってぐらいの成績だし、

なんとなく、ニシノメイゲツとドモナラズ。

同じぐらいの評価はしても良いんじゃないかなーと思う。

中山、小倉でちょいちょい奮闘して、

いきなり福島で勝つあたり、福島コースへの適正は高いかもしれないし、

抜けた馬が何頭かいそうなら、斤量からは買いにくいが、

混戦の七夕賞って図式に見るなら、軽斤量の、この馬もアリかと思う。


昨年中山での勝ち馬イタリアンレッドは、強さもあったが、

何気に、軽量も生かせたとも見れる。


このニシノメイゲツから1頭軸で、3連複で買っておきたい。

相手は軸の2頭に、

トップカミング、ミキノバンジョー、サンライズベガ、

スマートステージ、トップゾーン、ケイアイドウソジン。

本当なら、全頭押さえたいところだが、

軸も変なトコロから攻めてるんで、この辺までで、潔くまとめてみる。


頭から買うならエクスペディションかなー。

ゲシュタルトと比べたら、枠も斤量も有利っぽい。


どうなるかなぁー。


プロキオンSは、なぜかファリダットが一番人気。

オープン連勝の勢いがあっても、

GⅢの勝ち鞍があって、

GⅠでも馬券になっているシルクフォーチュンより人気ってのは、ないと思ったんだけどなぁ。

ファリダットが強いのには文句はつけないんだけど、

シルクフォーチュンが過小評価されているように映ってしまう。

1400mで左回りなら、現在最強だと思ってるシルクフォーチュンよりも、

3走前に4着に敗れたり、実は、夏がイマイチっぽいファリダットがこの人気ってのは、

ちょっと首を捻ってしまう部分はある。

いや、ファリダットもすごく強いし、それを感じてる一人なんですけどね、

ちょっと・・・買われ過ぎな気もしないでもない。


ってことで、シルクフォーチュンから入るって話になりそうなところを、

敢えて、別の馬から攻めてみる。

追い込み馬2頭が人気ということで、前の馬からの波乱にかけたい。


ハナを行くのはおそらくテイクアベット。

前走の勝ちっぷりからも、気持ち良く良ければ逃げ切りの絵もありそうだ。

ただ、今回、重賞ということで、楽々ってわけにもいかなそうな感じもするので、

それよりもちょっと下げた好位グループから狙いたい。


明日は好位グループにいるかわからないが、インオラリオから買ってみる。

2走前のコーラルSは、不良馬場の阪神コースっていう、

今回の条件とは全く異なるが、

ファリダットがメンバーにいる中で、前々につけながら、上がり最速で突き放した。

1400mの適正は高いし、ハマれば、1発の強さはありそうだ。


もう1頭はセレスハント。

地方重賞での活躍の方が目立つ感じだが、相手関係からみる能力は確かなものがありそうだ。

夏は頑張れている印象が見てとれるし、「空気読まなさ」で、ここも馬券になる方向で考えてみる。

前走の門別ぐらい走れば、十分勝負になりそうなんだけどなー。


この2頭から、シルクフォーチュン、ファリダット、ワールドワイド、

拡げて、テイクアベット、アースサウンド、アドマイヤロイヤルまでかな。


チキチキ、すんごい3連単当たんないかなー。

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/458-baa1e2d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。