スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ローズSの予想 
 
ローズSの予想行きますかねー。

前日の段階で、

ちょい狙いに行こうと思っていたハナズゴールが、出走取り消し。

なーぬー!?

こうなると、俄然2強対決の絵になってきた感はありますなー。

ジェンティルドンナが現3歳牝馬の王将だとするならば、

飛車角に、ヴィルシーナ、アイムユアーズ、ミッドサマーフェア、

そしてここに、ハナズゴール。


ローズSは、春のGⅠを勝ってきた、いわゆる王将格が敗れることも珍しくないレースで、

逆にそこで台頭するのは、ビッグタイトルに届かずも、

トップ争いを演じて来た強き馬たち。

今回のメンバーでは、いかにもハナズゴールって感じでしたわ。

デカイ看板は獲ってない馬というのもあって、

ココ1戦に力を込めそうな体制や、札幌記念を叩いた臨戦過程、

さらにはその札幌記念で4着という、力もしっかり見せていたのもあって、

いろんな面で、ハナズゴールが頑張りそうな流れだったんですけどね。


まぁ、出走取り消しでやんす。


こうなると、ジェンティルドンナとヴィルシーナ、

改めて、どっちを上に取るかってことになってきますな。


普通に考えれば、

オークスで5馬身差をつけたジェンティルドンナを上に見るのが当然で、

その見方は、このタイミングでも変わってはいないが、

ローズSという舞台、

そして、1800mという距離がどうなのかってところですな。

これまた普通の感覚で考えれば、

ヴィルシーナ相手に、

1600mも2400mも勝った、ジェンティルドンナは、間違いないようにも思えるが、

ちょっぴりヴィルシーナ「寄り」に考えると、

1600mの桜花賞では、スピード&キレ負け。

2400mのオークスでは、長い直線での力負け+展開もちょっぴり不利に働いた。

と見て、

ジェンティルドンナのオークスでの勝ちは動かないまでも、

5馬身差よりも、内容は悪くない負け方と捉えてはいかんだろうか。

と、考える。


オークスよりは、差は縮まるんじゃないかと仮定した上で、

今回の1800mでは、マイル戦よりは、キレ勝負って感じは薄まるので、

ヴィルシーナの立ち回りのうまさで、先着みたいなパターンはあるんじゃないかと、

ちょっぴり、思わなくもない。


ジェンティルドンナに対して、キレ勝負ってなると、分が悪いが、

1800mって距離は、少し流れが落ち着く分、うまく先行した馬が、

最後の脚をうまく使えることも考えられる。


ローズSは、力ある伏兵を買っておいて良いレースだし、

休み明けの実績は、2頭とも無いとは言え、

どちらかと言えば、安定感のある競馬を見せてきたヴィルシーナの方が、

休み明けを買うってことにおいても、良さそうな判断な気はする。


ってことで、

前哨戦は、ヴィルシーナを上に見させて頂いて、

ヴィルシーナからジェンティルドンナの馬単1点だけ買って、

レースを楽しむことにしますかね。


穴でもし買うとしたら、阪神コース、2戦2連対のキャトルフィーユかなぁ。


って、買うつもりないのに、

記事に書いてしまうと買わなきゃイカン法則、発動してしまうかな。

とりあえず、明日もっかい考えますかね。



秋競馬は良いですなー。


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/498-1f94982d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。