スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
札幌記念とレパードSを振り返る 
 
札幌記念はヤマニンキングリーが序盤から上手に先行競馬を進めて、大外から迫り来るブエナビスタを押し切ってクビ差で制した。

ブエナビスタ軸で、ブエナ頭から買ってた馬券も多かったので、なんとも微妙な結果になった。

ヤマニンキングリーは普通に馬券に組み込んではいたが、
ブエナビスタ-ミヤビランベリ-サクラオリオンの3連複、3連単をポーンと大きめに買ったのが響いた。

なんか、

ノーアウトでランナー満塁にしたのに、次の打席が凡打でゲッツー。

でも一応ランナーひとりが帰って、1点だけ返しましたって感じの、

なんとも煮え切らない気分になってしまった。

あれ?ちょっと違うか?


ブエナビスタ側にとっては、札幌の短い直線がネックになるのは当然意識してただろうが、そこで勝つには、瞬発力がより求められることがわかったはずだ。

あくまで個人的、しかも素人的見解だが、

ブエナはもともと瞬発力がある馬ってよりも、どこまでも伸びてくる強い馬って印象だった。

関係者ではないし、もちろん計ったことなどもないけど、

トップスピードは勿論早いんだろうが、一番の売りはスピード自体じゃなくその「ノビ」って気がする。

たとえば、スピード自慢の馬が1000M走るとしたら

80・・・90・・・100・・・90・・・70・・・と推移するところを、ブエナビスタが走るとしたら

70・・・80・・・90・・・90・・・90・・・って感じがするのだ。(数値は適当)

人間で言えば、100Mよりも200M向きって言うのかな?

ブエナビスタに瞬発力がつけば鬼に金棒だと思うんだけどなぁ。



まぁ、今回は2着って結果は残念だったが、少し安心した部分もあった。

これからも軸にするであろうから、頼んだぜ女王!



そういや、前々回くらいの記事で、ブエナにはの道を~!とか何とか熱弁した覚えがあるが、

ヤマニンキングリーを見逃すとは、詰めが甘いな・・・。

シェーンバルトは見せ場が作れなかったが、うまく折り合わなかったのかな?

気難しい子だからなー。次はちゃんと騎手の言うこと聞くんだぞ。



今日はこんくらいにしとくか。

アンカツさん、減量お疲れ! 腹いっぱい食ってくれー。
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/5-702c4639

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。