スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3歳ダート勢について考える 
 
ダートの話題ってことで、

まず、先週のレースを振り返ると、みやこSのローマンレジェンド、

強かったですなぁ。

好スタートから内目の前で競馬を進めた、ニホンピロアワーズ、

そしてホッコータルマエが馬券になる展開の中で、

ちょっとマズイ展開になったローマンレジェンド、

ゴール前できっちり交わして1着でしたわ。

結果は小差だったんですけどね、

負ける流れを地力でモノにしてしまったあの競馬を見ると、

これはGⅠの器と見て良いんじゃないでしょうかね。

何よりも、馬込みに割って入っていく、あの勝負根性。

本当に強い馬だけが持っている、競馬センスって言うんでしょうかね、

そういうものを感じてしまいましたわ。

これまでのパフォーマンスを加味しても、

個人的には、ここ数年で1番強いかもって思わせる、

そんなダートのニュースターって印象ですわ。

GⅠの舞台に行っても、

たぶん、間違っても2番人気以下にはならない気すらしますけどね、

これからが楽しみですわー。

まぁ、あくまで個人的な印象です。


で、本題っぽいところに入ると、

3歳馬をこれからどう扱うかってところですな。


強い強いと言われている、今年の3歳ダート勢。

みやこSでは、3歳最強馬、ハタノヴァンクールが凡走したものの、

同じ3歳のホッコータルマエが3着に力走したことで、

ハタノヴァンクールに関しては、謎負けっていう雰囲気が漂っていそうだし、

実際、そうである可能性はある。

となると、適切な物差しは、ホッコータルマエ3着って結果であって、

みやこSが終わった段階で、

今年の3歳が強いという見方は変わらず、

これから、さらに控えている他の3歳馬たちが、

今後の重賞戦線で、

間違いなく、人気になりまくるって展開が見えてくる。


個人的にも、今年の3歳勢には手応えを感じているし、

実際古馬混合の条件戦でも、3歳からばっかり買っていたが、

もう、3歳馬は強いってのが当たり前になって、

誰もがそこから馬券を買うって流れになると、

馬券的に面白みというか、うまみがなくなってくる。

こうなると、3歳馬が強いっていう今の背景に対して、

変に反抗してしまいたくなって、

古馬から買ってしまうかっていう気持ちも芽生えたりしてくる。


まぁ、強い馬を買うことよりも、

甘いオッズにばかりに目を向けてしまうのも考えものだし、

実際当たらない馬券を買ってもしょうがないってのもあるのだけれども、

今の、このタイミングに限って言えば、

重賞の経験や、重賞組の古馬相手の競馬を経験していない3歳馬に、

なんとなく強いとか、3歳馬の勢いとか、

数字には出ない、そういう期待票っぽい馬券が、ちょっと入りそうな気がしていて、

そういう面で多く売れてしまう馬券を、あまり買いたくないって気持ちがある。


たとえば、今週日曜に行われる、武蔵野S。

ここに出てくる、3歳馬ナムラビクターは、前走オープンで5馬身差。

正直めっちゃ強い!って思ってしまったし、

ここでヘタな競馬はしないとは思うんですわ。

イジゲンにしても、ガンジスにしても。


ただ、古馬重賞が初ってところを考えると、古馬には一日の長があるし、

適正ということを考えても、

今回の武蔵野Sには、シルクフォーチュン、ダノンカモン、ナムラタイタンなど、

東京1400、1600mが得意なメンツが揃っている。

その一方で、3歳馬に関しては、距離にしても、コースにしても、

適正がよくわからないながらも、まぁ強いっていう、

大雑把で、ちょっとボヤけた部分で人気にりそうな感じで、


こうなってくると、

適正が、まさにココにあって、GⅠでも馬券になっているのに、

人気が吸い取られる恰好になりそうな、そんな古馬を狙いたくなる。


もちろん、3歳馬はすごく評価しているし、

どっちかって言うと、プッシュしている側の人間だし、

ナムラビクターも、イジゲンも、ガンジスも、

どれも馬券を買ったこともあるので、

完全に切ることなんて、できねー!って感じなのだが、

古馬を評価することも忘れないようにしたい、今の時期の重賞戦線って感じですわ。


あとは、これからの見どころとして、

3歳勢、強いは強いが、GⅠ級の馬がポンポン出るのかってところですかね。

これまでのレースを見ていると、

1000万、1600万クラスでは、まったく問題ないというか、

むしろ強いってレースを見せますけど、

この中から、

重賞馬がどれだけ出てくるのかってのが、ひとつ注目しているポイントですわ。

3歳世代が、GⅠタイトルを総ナメっていうパターンも考えられる一方で、

逆に、3歳世代が、

全部「ソコソコ強い」で終わるパターンもあるかもしれない可能性も、

2ミリくらいは残っている。

これに関してはあまり考えたくはないけど、

馬券的には、そういう見方も必要かもしれないですな。


なんていうか、

サッカーの名門高校で、黄金世代がやってきたとして、

その後、部員は全員がJリーグ(プロ)に入ってからも、そこそこはやっていけても、

欧州レベルでやっていけるかは別の話というところで、

全体の強いって印象を、必要以上に、個に背負わせないことも、

必要になってくる気はしてます。


って、久々に長々と書いてしまった。



うーん、


それにしても、3歳馬強ぇ~なぁ~(笑


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/527-32e3ff80

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。