スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダンスインザ・菊花賞 
 
菊花賞が終わった。

好位から抜け出したスリーロールスが、

追い込んできたフォゲッタブルに、斜行してロスしながらもハナ差で競り勝った。

3着にはセイウンワンダー。

ダンスインザダーク決着の菊花賞だった。

自分の馬券は、馬券・インザダークだった。


レースは、一番人気のリーチザクラウンが単騎大逃げ気味でペースを作ったが、

枠入り前から持ち前の気性の悪さを発揮してしまい、

直線で後続に捕まって5着。

アンライバルドは序盤で躓いたのが響き15着。


人気馬の中では、イコピコが最後良い脚使っていて、

やはり、中距離では怖い存在になると思った。

2400mくらいがベストかな?

まず神戸新聞杯だけでは終わらなそうだ。


馬券の軸のナカヤマフェスタは、よくわからないが凡走。

前に行って粘るなら良いんだが、後ろから行くにはちょっと瞬発力が足りないように思えた。

で、期待をしていたアントニオバローズは、これ以上増えてほしくない馬体重が増えてた。

ノドのこともあって、買い目は減らした。

それにしてーも、大差つけられたなー。

また何かあったのかな?

心配だ。

スリーロールスとフォゲッタブルは結構多めに買い目に入れていたが、

またも3連系で攻めて獲りきれない、素人ぶりを披露した。

ワイドはもちろん持ってません。

セイウンワンダーは前崩れ馬券にしか入れてません。

前走見て、組み方悩むなーって言っておいての、これだ。

前にワイドとか複勝とか、うまく買おうって意識しようとしたのに、これだ。

学習能力が足りんな~。

馬券を買う段になって、オッズを目の前にすると、

色々と忘れてしまう病気ってのは素人特有だなー。


まぁこれによって、さらに馬券力が上がったぜ!



今回は、人気3頭を軽視したのは良かったが、

軸がナカヤマフェスタで、もろにスカしてしまったな。

ひとつ反省しなきゃならんなーと思ったのが、

ナカヤマフェスタ軸はちょっと弱いなーと思っていながらも、

ナカヤマフェスタの馬券獲ってきたからとか、前からコイツで決めていたからとか、

そういうメンタル的な要素が、ちょっと買い目に作用してしまったことだ。

それが作用しなかったら、菊は獲っていたなんて言わないが、

データとか現実のものよりも、気持ちを優先させてしまうのは、いかにも間抜けなギャンブラーっぽい感じだなー。

「カイジ」の7億パチンコの話で、

坂崎のおっさんが競馬で一発当てようと思って、

結果来なかった「ミココノチカラ(娘の名前)」の馬券を買おうとしていたのを見ていれば、

こういう淡い希望は持ってはいけないと思わなければならないんだが・・・。


もちろん、強い裏づけがあって、

その上で希望や、小さな奇跡を望むことは良いことだと思うし、

そういう馬券は当たると思う。

人生で一回だけ馬券を買うなら、誕生日馬券や、気に入った名前の馬で行ってもいいと思うけど、

続けていくんなら、好きじゃない馬とジョッキーを軸にしたりとか、

そういう競馬をしていかないとといけないねー。

この辺も経験の浅さだな。

しっかり頭に刻み込むぜ!



それにしても、

スリーロールスが菊花賞馬になったことで、アンライバルドが勝った「伝説の新馬戦」は、

ますます伝説化してしまった。

アンライバルド、リーチザクラウン、ブエナビスタ、スリーロールスのうち、

3頭がクラシックホースになった。

リーチザクラウンが置いてけぼりの状態になってしまった。

気性の荒さが出たとも言えるが、2000mくらいがベストな気がするんだよなー。

このまま潰れないで、這い上がってきて欲しいですな。



さぁ、今週は秋天だー!

シンゲンの秋だー!


何もなければ、当日の気配がとんでもなく悪くなければ、

シンゲン軸でいくつもりだ。

というか頭でいくつもりでやんす。


5日前のオッズではウオッカが1番人気。

ってことで間違いはないだろう。

で、今んとこ、ちょっと思っているのが、


ウオッカの着外も意識した馬券選び。


つっても、府中はもちろんウオッカの庭であるのに間違いはないし、

去年は毎日王冠2着で秋天1着。

今年も毎日王冠で2着で、やっぱりその台本通りってのは考えてしまうが、

ウオッカはやっぱりマイルがベストだと思っていて、

カンパニーの展開とは言え、毎日王冠は、とても負けて強しって感じではなかった。

ウオッカは状態がかなり良いと聞いてて、あの走りは、

秋天・・・大丈夫かな?

って感じがした。


もちろん逃げを選択していなかったら、また違う展開、結果だったかもしれないけれども、

逆に考えると、逃げを選択してウオッカを負けに行かせてしまった、

ジョッキーと馬の呼吸の乱れというか、淀みというか、

あまり良くないものを感じたりもする。


まぁベストがマイルと言いながらも、2000m以上は東京優駿と秋天と、デカイところを、しかも府中で勝っているもんだから、あまり軽視はできないし、

シンゲンは別として、他にウオッカに先着する可能性のある馬がいそうにない時は、

素直に、ウオッカを馬券に組み込まなきゃならないとは思う。


ってか、その前にシンゲンが勝つことが一番大事だな。

頑張ってもらいたいもんだ。


って菊花賞回顧の記事に書きすぎたな。

その前に文章長すぎだな。

その前に、目にできたデキモノが気になるな。


じゃまくせーい。

スポンサーサイト
 
 
 
坂崎のおっさんいましたねー。ここみちゃんね。

ウオッカですよねー。問題は。

まあ、シンゲンはやってくれるでしょう!

がんばりましょね。
Re: タイトルなし 
 
コメントありがとうございます。

あとはシンゲンの人気が気になるところですねー。

3番人気以下になることを願いたいんですが。。。

まぁ2番人気になったとしても、とにかく勝ってもらいたいですなー。
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/53-c6c8b14a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。