スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有馬記念の予習② 
 
有馬記念の予習、昨日に引き続きやっていきましょうかね。

昨日はゴールドシップを吟味しているだけで、お腹いっぱいになっちゃいましたんで、

その他の有力馬、気になる馬を見ていきましょうかね。


まず、ゴールドシップに負けず劣らずっていうか、

人気は、むしろ譲っちゃいけない気もしているルーラーシップ。

これまでの重賞での活躍ぶりから、ここでも有力なのは言うまでも無いですな。

日本馬だけを見れば、今年最高のメンツが集ったジャパンカップ。

その中で3着。

そして、1着、2着馬が有馬記念に出てこない。

ってことは、今回は、繰り上がりでルーラーシップが1着。

スーパースィンポーゥ(シンプル)な思考で行けば、こうなるはずだ。

ただ、この良血馬、なかなか勝ち切れない。

能力的には1年も前からGⅠホースレベルにあったとは思うし、

今年の秋の天皇賞や、ジャパンカップでも勝つチャンスもあったのだが、

結局勝てずに、

国内GⅠ勝利という宿願を、未だ果たせずにいる。

勝ちきれない要因としては、色々あるのかもしれないが、

わかりやすいところでは、まずは出負けしてしまうところにあると思う。

単純に出負けした分の差だけではなく、展開に関わってくる部分も少なからずあるので、

展開さえ違っていたら、もう少し前につけれていたら・・・

なんていうレースが続いているとも言える。

3走前の宝塚記念から見てみても、スタートの出が良くない。

別にゲート内で暴れるとか無しに、スタートが遅い。

これはもう、クセなんだろうと思う。

で、(非常に年季が足りてない)自分の経験上、

このクセは簡単に治るもんでもないと思う。

馬の方が、ゲートはこういう風に出るんだ!!

って決めてる感じすらある。

なので、ルーラーシップから馬券を買うのであれば、

スタートは出負けするもんだと仮定した上で、

それでもルーラーシップに勝機があると思いながら買わなくてはいけない気はする。


そんでもって、ルーラーシップが勝てるかどうかの話になってくると、

これが何とも言えない。

能力上位だと言うことは、誰でも言えるとは思うのだが、

有馬記念がベストな舞台だと考えるのは、

過去の成績を見る分には難しい気がしてしまう。

ルーラーシップが強かったレースを挙げていくと、

古くは、4馬身差の圧勝劇で、クラシックに名乗りを上げたプリンシパルS。

ド出遅れスタートから、不良馬場の中追い込み決めた金鯱賞。

そして、GⅠ勝利を唯一挙げた、香港のクイーンエリザベスC。

このあたりが挙げられる。

これらのレースの共通項は、2000m戦であること。

宝塚記念の2着も、AJCC完勝のレースもかなり強い印象は残したが、

全体的に見てみると、

有馬の2500mよりも、2000mに近い方が、向いているのかもしれないと、

思わせるような一連のパフォーマンスでもある。

そう考えると、秋の天皇賞が、一番落としてはいけないレースだったのかもしれない。

結局は憶測の域を出ないが、

距離延長は、プラスとは言えないかもしれない状況で、

中山コースで、出遅れグセ付きってのは、

簡単なレースにはならないかもしれないと、現時点では考えてしまう。

ルーラーシップも、大きい看板背負って欲しいんですけどね。

なかなか強気になれないですよね。

馬券はどっちにしても組み込むことにはなるとは思うんですけど、

人気ほどの買い方をするかは、いまのところ微妙なところですわ。


続いてダークシャドウ。

この馬もなぁ、もうちょっとなんですけどね。

オルフェーヴルだ、ジェンティルドンナだって言う前に、

ルーラーシップの壁がありますわ。

ただ、ルーラーシップと差のない競馬を見せているってことは、

ここではもちろん有力候補になりますな。

長く良い脚を使うタイプで、東京コースでこそって感じもしなくはないが、

他のレースだと一転して推しにくくなるとか、

そういった不器用さがある馬でもない気はする。

中団より前目でも競馬ができるし、

前も書いた気もするが、エプソムC、毎日王冠と、

ペースが全く異なるレースに対応してみせた、あの汎用性に優れた能力は、

基本的にどこでも活躍できるとも思う部分もある。


個人的にダークシャドウと被っているのが、ブエナビスタ。

トーセンジョーダンの天皇賞のような、超ハイペースの展開でも、

ブエナビスタ、ダークシャドウ両頭が良い競馬を見せたように、

勝ち切ることが少なくても、

どんなレースでも、キッチリまとめてくる。

そして前に行っても競馬ができる。

ブエナビスタは有馬記念2着が2回という、いかにもっぽい成績だが、

それと同じようなパフォーマンスを、ダークシャドウもできるんではないかと、

期待してしまう。

この馬も、2000mが良いのか、2500mの方が良いのか、何とも言えないんですけどね。

ブエナビスタを重ね合わせた入り方をするならば、

人気面も考えて、この馬軸ってのも良いような気はしますな。


他ではナカヤマナイトも人気側ですかね。

メンバー中、有馬記念適正が一番高そうなのは、この馬かもしれませんな。

AJCCの2着があって、オールカマー勝ちは強かった。

ただ、いかにもわかり易い、有馬記念向きな馬過ぎて、

ちょっと人気が行き過ぎてる気もしないでもないですな。

ネットケイバの予想オッズでは、エイシンフラッシュに次ぐ4番人気。

中山コースで連対を外したことないですからなー。

まぁ、この馬から入るのも、悪い話ではないのだが、

この手の馬は、人気薄で狙いたいタイプな気もする。

もし人気側で買うとすれば、中山コース以外でももうちょっとやれたり、

能力自体の裏付けも、もうちょっと欲しい気はするし、

もしくは距離対応の裏付けとして、日経賞か京都記念あたりが欲しい感じはする。

もちろん、走ってきても不思議ではないのだが、

人気してる分、無理に狙いに行くのも、ちょっぴり怖い気もしなくもない。

これも難しい1頭ですな。


面白い馬としては、ルルーシュ、スカイディグニティ。

まずはルルーシュ。

オールカマーの負けは、単に、ちょっとキレ負けしたと思っていて、

そこから、距離が伸びたアルゼンチン共和国杯で馬券を買いに行けたという背景があった。

そのアルゼンチン共和国杯では、1頭抜けきっての完勝。

東京巧者って部分もあるので、中山でどうかってところはあるかもしれないが、

同じ2500mという距離は、個人的にチャンスが大きいと思うし、

基本前に行ったほうが良い有馬記念で、前に行くメンツがちょっと手薄な中、

2、3番手も行けて、逃げも打てる可能性がある馬に、

展開によって、そのどちらも選択できそうな横山騎手。

大レースで人気薄の先行・逃げ馬に横山騎手ってだけで、

ここから入ってしまっても面白いんじゃないかって気もしてきてしまう。

これは、狙いたくなるなぁー。

今のところ、本命気味ですわ。


もう1頭、スカイディグニティ。

3歳春の走りを見ていた頃は、

まさか暮れの有馬記念に出てくるとは、全く想像できませんでしたわ。

馬の成長力って、スゴイですわ。

で、その買いたくなるポイントが、まさにその成長力ですわ。

セントライト記念や、菊花賞を2着に走ってきて、

ステイヤーの才能が目覚めたと言いたいところだが、

それだけじゃ済まない感じがしてしまう。

スタミナにものを言わせて前で粘ったわけでもなく、

菊花賞でも、2200mのセントライト記念でもいい脚使っていて、

なかなか味のある、2鞍だったような気はする。

菊花賞2着だけってのじゃ、ちょっと買いにくいが、

セントライト記念をメンバー2位の脚でフェノーメノを唯一追走したことが大きくて、

現時点では、ゴールドシップが上かもしれないが、

成長曲線というところでは、

スカイディグニティの方が、結構な角度で上向いてる可能性があるので、

ちょっと未知の領域に期待することになってしまうが、

古馬になってから活躍した、メジロマックイーンなどの例もあるので、

3着の席ぐらいは、用意しておいても良いのかもしれない。

まぁ、いくら良い脚使ったと言っても、有馬記念は格が違うんで、

もうちょっと前に行くとか、早めに動くかとか、

課題は多そうな気はしますけどね。

楽しみな1頭ですわ。


どうしたらいいかわからんのが、トレイルブレイザーに、オーシャンブルー。

これらの評価も難しいですわ。


有馬記念3連単1点予想、

どんなメンツでいきますかねー。


POGメンバーによる、有馬記念の予想企画に参加しております。

乗っかってやってもいいぜ!って方はコチラからよろしくお願い致します。


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/555-86f73d70

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。