スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シンザン記念の予想 
 
金杯が終わりまして、

年の初めは、良くも悪くもなくって感じで始まりましたな。

おみくじ的には吉か、中吉ぐらいなんでしょうかね。

って、よくわからんですけど。

まぁリアクション取りにくい入り方した感じですけど、

切り替えて、シンザン記念の予想といきましょうかねー。


最後のところで結構激しく悩んでしまったが、

ヘミングウェイから入ってみる。

年に何頭かいる、未勝利で2着ばっかする馬ですわ。

基本この手の馬は、結局のところ上のレベルでは足りないパターンの方が多くて、

未勝利戦を連続で2着してたのが、実は実力相応の結果だったりすることもあるのだが、

この馬はちょっと気になってしまった。

未勝利戦で、負けた相手がそれなりってのもあるが、

ちょっと面白いのが、

レッドアリオン、テイエムイナズマなどの負けた相手に対して、逆に先着もしていて、

能力の底が見えないというか、良くわからんと言うか、

特に前走の、着差以上の勝ちっぷりを見ると、

何かがギリギリ足りなくて勝てなかったような馬とも思えなくて、

負けて来た原因が、

展開とか、状態とか、気性とか、

そういう部分だったのかなぁなんて、思わなくもない。

予想としてはちょっとフワッとしたところから入っているが、

ゴツイところの重賞にいきなり挑戦って話ならまだしも、

前走未勝利勝ちの馬が多数出走するこのレースで、

前走ぐらいのパフォーマンスを見せれる馬が、まるで勝負にならないってことはない気がするし、

なんせ、マイルをこれだけ経験している馬ってのは、

それだけでシンザン記念向きって部分もあるので、

未勝利勝ち上がるのに時間がかかった馬と言っても、

ちょっと狙ってみたい面白さはある。


相手は、大振りかもしれないが、アットウィルにしてみる。

枠はキツイ。

データ的に見ても、大外枠なんてのは、強烈にキツイが、

なんか、この馬もうちょいやれても良いんじゃないかって思う。

今年は結構頑張ってる感のある、函館2歳S組、

朝日杯の1着、5着馬がいた中で、一番強い負け方をしたのがアットウィル。

朝日杯は、11着に敗れはしたが、

3着以下とは、そこまでの開きがあるように見えないし、

中山コースで後ろからの競馬になってしまったことも考慮すれば、

レベルが下がって、平坦に戻る今回は、巻き返し要素はあるように思える。

京王杯の惨敗は、この際、目を瞑ることにして、

今回応援してみることにする。


相手が結構大振りだったので、

そのアットウィルから岩田騎手が乗り替わったネオウィズダム、

平坦に変わって、極上の切れ味が戻りそうなザラストロ、

この辺も多少強めに拾っておきますかね。


全体的に薄いところに印を入れてしまったんで、

馬券は、ヘミングウェイからのワイドを3点に流すのをメインにして、

あとは、うっすら馬連の4頭ボックスぐらいにしておきますかね。

3連系買うとしたら、

ヘミングウェイと、アットウィルの2頭軸かなぁ。

まぁ、いささか冒険しすぎの感もあるので、買わない可能性は高いですわ。


って、何げに朝日杯組、一番頑張ってるんですな。

こういうの後から気づくと、妙に期待感が増してしまいますわ~。

どうなるかなぁー。


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/566-1340493f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。