スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AJCCと東海Sの予想 
 
2日目、日曜日の予想と行きますか。

まずは、東海Sですな。

今年は中京の1800m。

コッチは面白いメンツですなー。

結構悩んでしまうメンツだ。

牝馬が勝つイメージってのも沸かないが、

ここはミラクルレジェンドから入ってみる。

今更言うことでもないが、

成績みる分には、牝馬って枠で考えなくても良いほどの力がある。

右回り、左回り、どちらも変わらずこなすし、脚質も自在性がある。

そんな買いやすさに加えて、

JCDや帝王賞などの大舞台で、掲示板ウロウロできる力があるならば、

ここでは馬券になって言いはず。

と、考えたい。

岩田騎手、

昨年は、ローマンレジェンドでキッチリ締めくくったんで、

今年は、姉のミラクルレジェンドで、キッチリスタートを決めて欲しい。


相手は、3頭くらいチョイスしたい。

どれかに決めきれないってよりも、

どれも、どうにも捨てきれないって感じだ。


まずナムラタイタン。

ここ2走を見る限り、距離延長したのはプラスっぽそうで、

JCDは、出遅れから巻き返しての7着。

東京大賞典は、結果離されたものの、

引退レースで、力が入っていたフリオーソに付いて行っての4着。

馬券内は、その後ろで足を溜めた人気馬の差し大会。

この距離で、力は出せるといった感じの、2度の力走とも言える。

元々左回りで結果を出していたので、中京コースってのはプラスに働きそうで、

出遅れグセというか、ゲートで躓くクセが出なければ、

この中でも面白い存在なんじゃないかと、期待する。


もう1頭は、ソリタリーキング。

ここ最近の凡走で、すっかり人気を落としてしまいましたな。

ただ、JCDの着順に関しては、そこまで気にしなくて良いというか、

ペースも早かったし、馬券内も前々でスタミナ生かした軍団決着だったという見方も、

できなくはないので、

あのJCDは、後ろから行った軍団には、簡単ではなかったかもしれない気はしている。

中京の最内枠は、今回のソリタリーキングに取っていい気がしているし、

浜中騎手って、最内枠か、大外枠に入った時の重賞って、

結構うまいことやってるイメージがある。

腹を決めて騎乗するのが性分に合ってるのかな。

まぁ、ちょいスリーロールスの印象が強いんですけどね。


あとは、サイレントメロディ。

直線が長くなった中京ダート。

直線が長くなって、一番ホクホクしてるのはサイレントメロディっぽい。

条件戦時代に、東京マイルの錦秋Sで、わかりやすい追い込みを決めているほか、

中山コースのマーチSでも、追い込み決めて勝ってしまっているし、

昨年の東海Sも、直線、一番の脚で追い込んで3着。

もう、直線長いのは大歓迎ですな。

そんな馬に乗らせたら怖いのが、横山ノリ騎手。

ヘタしたら全部飲み込むかもしれない怖さすらある。

AJCCのルルーシュじゃなく、コッチに乗りに来たのは、

サイレントメロディの方に、チャンスが多いと感じているのかもしれない。

まぁ、中京ダートで追い込み一辺倒がどうなるかは、わからないが、

直線長くなるってだけで買ってみる。


他も色々迷ってしまうくらい、おもしろいメンツだが、

とりあえず、ミラクルレジェンドから、この3頭を中心に買っておきたい。

ヒモでくっつける組としては、ハートビートソング、ホッコータルマエ、

グランドシチー、グレープブレンデー、ヤマニンキングリーあたりを意識しておきますかね。

馬券の中心は3連複になるかなー。

4頭ボックスも買っておいたほうが、安牌っぽいですかね。


AJCCはアドマイヤラクティから入ってみる。

おそらく人気になるんで、ゲシュタルトと迷ってしまったが、

中山に適正があって、金鯱賞3着に入る力があるんで、

ここは期待が大きくなりますな。

中山コースでの2走も、中団からキッチリ差し切ってるって内容なんで、

着差以上に、中山適正を評価したくなる。


相手はゲシュタルトで。

中山重賞での中山巧者は、やっぱり、これくらいの人気の馬を狙いたくなりますな。

まず、オールカマーで2着、AJCCで3着の実績ありってだけで、

ここでは買いたくなりますわ。

3歳時には、同じく2200mの京都新聞杯も勝ってるんで、

距離の適性も合わせて、ココに関しては、相当の適正を感じますな。

負けた相手も、絶頂時のアーネストリー、

そして、ルーラーシップ、ナカヤマナイトなんで、

それはしょうがないですわって感じはする。

逆に、このメンツであれば、主役になっても良い感じはする。

休み明けと、近走の成績で対抗にしたが、

この舞台では大きく期待したい。


もう1頭選ぶなら、ダノンバラード。

前走は逃げる形になっての8着なので、

評価したいのは、その前の2走。

猛烈に追い込んで、リルダヴァルの2着と、

アドマイヤラクティを押さえての勝利。

だんだんと、地力をつけて来た感のある、元チームPOG馬。

中山コースが初なので、評価は難しいが、

元々重賞でも馬券になっていて、

ここにきて、力を付けれてきているとなると、

このメンバーなら期待はしてしまう。


他で買うとすれば、

重賞連勝して、開花した感のあるトランスワープ。

中山巧者のマルカボルト。

調教が微妙も、少頭数のスローペースを気にしてルルーシュ。

中山巧者、サトノアポロ。


ただ、少頭数なんで、

実際は、3頭のボックスに加えて、トランスワープみたいな感じになるかもなぁ。

オッズと相談しましょ。


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/575-68c5e54a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。