スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都記念の予習 
 
京都記念の予習をサラッとしておきましょうかね。

休み明けの馬が半数以上ですか。

人気はショウナンマイティになるのかな?

近3走を見れば、ここでは大将格と言っても良さそうですな。

有馬記念組もいないし。


ただ、個人的には、今年の京都記念は、

ショウナンマイティを、積極的に狙って良いレースじゃない気もしている。

この馬はオルフェーヴルや、ジェンティルドンナと走らせても、

1発の怖さがある一方で、

相手のレベルが下がっても、その1発がハマるかどうかわからんっていう、

変な可能性を秘めている馬でもある気はする。

なんていうか、

常にひとりタイムアタック的な馬というか。

他馬は関係ないでっせって感じの競馬してますわ。

ってなると、

出走メンバー全体のレベルが高い時、

なおかつ、オッズが甘めになる時こそ、買うべきな馬な気がしていて、

人気になりそうな今回は、ちょっと手を出しづらい。

もちろん、実力は1番なのは認めているし、

単勝3倍なんて破格のオッズがついたら、単勝1本にシフトする可能性もあるのだが、

昨年の大阪杯ぐらいの時のオッズが、一番の買い時だったなぁと思っていて、

1番人気になりそうで、かつ格下相手。

前走が有馬記念か、日経新春杯ぐらいを使っていた方が買いやすいレースで、

7ヶ月以上の休み明けの馬の、叩き1発目の、

断然なる追い込み馬を狙いに行くってのは、ちょっと怖さの方が大きい。


逃げ馬、先行馬であれば、力でねじ伏せてしまう絵も、若干はチラつくが、

休み明けで、

いかにも叩き1発目ですよって競馬で回ってくる可能性があるのであれば、

怒涛の追い込みの、「怒涛」の部分が期待しにくくなってしまう。


そんなところで、単勝3倍はつかないと思うけど、

つかなかければ他から攻めるってスタンスで、考えてみる。


休み明けでなくて、ここでも力を見せられそうな馬ってなると、

やっぱり4歳世代ですかね。

古馬との対戦で結果を出していて、距離の幅があるってなると、

ベールドインパクト、ジャスタウェイ、カポーティースター。

ジャスタウェイは距離が長いかな、ひょっとしたら。

カポーティースターも、前走がグリーンベルト決着ってのを若干考慮すると、

少し下げ目か。

ってなると、この中ではベールドインパクトかなぁ。

あとは、休み明けとは言っても、

3歳時の怪我から入念に立て直してきているはずのジョワドヴィーヴル。

これが気になりますな。

血統背景だけで、ただでさえ人気のある馬を買うなら、ココしかないかもしれないなぁ。

気持ちとしては、トーセンラー頑張れって感じなんですけどね。

じっくり考えますかね。


ショウナンマイティが、レース直前まで、

2.8~2.9倍くらいのオッズでウロウロしていたら、すんごい困りそうですわ。

たぶん、それは無いかな。


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/583-9608f9b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。