スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小倉大賞典と、フェブラリーSの予想 
 
日曜は重賞2つですな。

小倉大賞典と、フェブラリーS。

小倉大賞典も、もちろん当てたいが、

フェブラリーSを当てれば、

今年のGⅠは全部頂いてるぜ!って、大威張りできるんで、

ぜひとも、当てたいところですな。

まぁ何度も持ってきちゃいますなー、このネタ。


ってことで予想の方していきましょうかね。

まず小倉大賞典。

ここはマルカボルトから入ってみる。

小倉ってことで、小倉巧者から入りたい気持ちもあるのだが、

この馬も、狙ってみたさはある。

3走前のアンドロメダSは、ダノンバラード、アドマイヤラクティ、

2走前のディセンバーSは、ベールドインパクトに負けはしたが、

それらはどれも、その後に重賞で馬券になった、旬の馬でもあり、

その相手に、そこそこ勝負になったのであれば、

今回のメンバーでも頑張って良いはず。

と、考えたい。

前走のAJCCは得意の中山ではあったが、6着。

しかしながら、前が潰れていく中での6着はそこそこ善戦と言っても良さそうだし、

個人的には、距離は1800~2000mぐらいがベストだと思っていて、

格も高い、距離も長い、展開も良くなかったAJCCに比べれば、

1800mという距離で、メンツも少し軽くなって、

開幕週で、なんぼか前が有利な今回の小倉大賞典では、

色々とプラス要素が多いように感じる。

枠もちょっとマシになるかな。


重賞では馬券内に縁がないマルカボルトだが、

良いメンバーと戦ってきて、条件が好転する今回は、

頑張って欲しい。


相手は、ダコールにしておく。

重賞で馬券になれる下地はあるし、実際、福島記念でも3着に入っている。

小倉では2勝しているし、

なんなら昨年夏の釜山Sの勝ち方が一番立派だったようにも思う。

小倉相性問題無しで、重賞勝てる力があって、

それで、斤量が55kgってのも、お得感がある。

57kgでも違和感ないくらいの印象ですからなぁ。

これは、限りなく本命に近い対抗って位置づけで馬券を買ったほうが良さそうだ。


他では、マルカボルトに小倉で先着している、

小回り平坦巧者ヒットザターゲットは買っておかんとイカンですかね。

おかんとイカンですな。イカンとおとんですね。

なんのこっちゃ。

あとは、前走を無視すれば、人気よりは恐い気がするサトノパンサーかな。

2、3走前が良い感じですな。

パッションダンスは、この人気では、食指が動きにくいのだが、

来て不思議はない感じもするんで、一応入れておきますかね。

ってな感じで、

馬券は、マルカボルトと、ダコールから馬連か馬単流しと、

マルカボルト、ダコールの2頭軸からの3連系で。


フェブラリーSいきましょうかね。

初ダートのカレンブラックヒルが勝つのかどうかってところが、

今年のフェブラリーSのサブタイトルですな。

芝の馬がダートGⅠで勝負になるって絵は、

過去のデータからはポジティブに考えにくいが、

個人的な見方をすると、

カレンブラックヒルは、おそらく今や、現役最強のマイラーだが、

芝マイルで最強ってよりも、

マイルって距離、1600mって距離ならば、誰にも負けない可能性も感じている。


ダートがどうなのかは走ってみないとわからないが、

前に行って押し切る王道競馬ができる脚質や、

シュッと切れているわけでも無いけど、とにかく強く速いっていう印象があるので、

たぶん、ダートも問題は無いんじゃないかなとは思うし、

そもそも、ダート走るかどうかじゃなくて、

マイルがとにかく強いっていう角度から、今回は買いたい部分もあるので、

ダート適正はそこまで気にしないでおく。


そんなところで、

今のダート界、マイルでコレ!って馬もハッキリしてない情勢でもあるので、

カレンブラックヒルが勝つ可能性は高いと見る側に着地してみる。


ただ、カレンブラックヒルは対抗ぐらいの印に留めておいて、

気持ち的には違う馬を本命に持ってきたい。

このメンバーの中でマイルって言うんなら、

やっぱりエスポワールシチーを買いたいですわ。

周りの馬たちは色々と変わったが、

この馬自体は、そこまで変わってない感じはする。

上がっちゃいないが、

オッズほど落ち込んでもいないと、個人的にには見ている。

最近のマイル重賞は、地方交流とは言え、2戦2勝だし、

昨年のフェブラリーSにしても、自分の形ではなかったと見える。

遡れば、東京で行われた南部杯だって、

当時イケイケだったトランセンドとのやり合いに屈してしまっただけで、

今年は、そのトランセンドになり得そうな馬もいない。

近走のJCDは、自分から相当なペースで逃げてしまっての大敗。

同じく東京大賞典は、躓いて出負けからの5着。

佐藤哲三騎手の離脱ってのもあって、

色んな要素が、この馬の人気を下げてしまっていそうだが、

マイル戦でこのオッズなら、飛びついておきたい感じですわ。


ってことで、カレンブラックヒルから単系馬券と、

エスポワールシチーから複系の馬券って構成ていきましょうかね。


相手は、グレープブランデー、ナムラタイタン、ガンジス、

ダノンカモン、ワンダーアキュート、イジゲンあたりで。



なんとエスポワールシチー! マイルで華麗に復活!

して欲しいですなー。

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/588-3a49accb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。