スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アーリントンカップの予想 
 
先週のフェブラリーSはグレープブランデーが勝って、

中央のGⅠ初制覇を決めた一方で、

ダート初挑戦で注目を集めたカレンブラックヒルは、

ブービー負けという結果になりましたな。

出遅れてから、先行集団へ取り付くのに脚を使ったとか、

色々敗因はあるんでしょうけど、

もし勝つのであれば、ブッちぎる可能性もあったわけなんで、

あの惨敗っぷりを見る限りは、ダートは合わないって結論で良いんでしょうかね。

元々フェブラリーSは、芝路線からやってくる馬には厳しいレースだったので、

この結果はある意味データ通りだったんでしょうけど、

そのデータを覆す可能性というか、期待というのが個人的にもあったんで、

それなりに馬券も買ったわけなんですけど、

これぐらいの馬も買えないってことになると、

いよいよ、今後のフェブラリーSでは、

芝路線の馬は買わない方が良いって感じになりますなー。

元々、芝路線の馬は、どうなるかもわからないのに人気してしまう面があって、

芝の馬は全切りしてしまった方がトータルの回収率でプラスであるという、

そういうデータも加味した上で買ったんですけどね。

今回のカレンブラックヒルの大敗は、

個人的に、今後のフェブラリーSの予想に影響を与えてくれそうです。


ってことで、

今週のアーリントンカップの予想いきましょうかね。

少頭数のわりに難解ですな。


シンザン記念とか、アーリントンカップあたりの、

クラシックとの関連性が若干薄い3歳重賞ってのは、

ちょっぴり強い馬が負けてきたり、そこまで強くない馬が勝ってきたりとか、

そんな具合の馬たちが、ここに集まってしまう感じあって、

さらにダート路線の馬が、ここチャンスあるかと顔出してきたり、

能力を隠してた伏兵がいたりとか、

色々と謎の馬が多いイメージですわ。

当然ちょっと掴みにくくて、難しい。

シンザン記念との比較をすると、

あっちはマイルをたくさん使っていた方が馬券になりやすい印象があるのに対して、

アーリントンカップは、そんなでもない感じはしますな。

どこを入口にするかなぁ。

一番狙いやすそうなのは前残りですかね。

ちょっと単純な入口かもしれないけど、

どのレースも難しく考えれば良いって話でもないですもんね。

開幕週ってのもあるし、

今年は少頭数だから、ますます先行軍団警戒かな。

前行く軍団って言えば、今回のメンバーでは、

前走、圧勝の逃げ切りになったコパノリチャード。

ここからになるかって話になるのだが、

この人気は前走分の比重が大きい感もなくはない。

1度負けててこの抜けた人気ってのも、ちょっと買いにくさがあるので、

ここはラブリーデイから入ってみる。

連を外したのはGⅠの朝日杯のみ。

そして、そのレースでは、それまでやってきた好位追走競馬にならなかった。

それでも大きく負けておらず、3着以下が僅差だった中での7着は、

ここでは評価して良いはず。

だと思う。


相手は、レッドアリオンにしてみる。

色んな競馬をしているが、シンザン記念では勝負になっていたし、

逃げた時にはヘミングウェイを退けてもいるんで、

好位追走を期待して買ってみる。

エリモピクシーっ仔だし、そろそろ感もありますな。


この2頭から、コパノリチャード、カオスモス、テイエムイナズマ、タガノエンブレム。

こんな陣形で。


まぁ明日は競馬できそうにないなー。

当日に馬券を買えるかも微妙な感じだ。

どのくらい微妙かというと、

マルカシェンクと、ルーラーシップと、イジゲン、

3頭全部がきちんとゲート出たら10万円。

どれかが出遅れたら2万円っていう賭けで、

どっちに1万円を賭けるかって状況ぐらい微妙だ。


まぁ、たぶんどれか出遅れそうですな。

どうでも良いか。


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/590-5346488e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。