スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪急杯と、中山記念の予想 
 
阪急杯と中山記念の予想いきましょうかね。

まずは阪急杯。

ロードカナロア、さすがの人気ですな。

スプリンターズSを勝って、

世界一とも言われるスプリントレース、香港スプリントを完勝して、

今や世界のロードカナロアですからな。

国内のGⅢのレースじゃ、そりゃ当然ですわって感じですな。

個人的にも、この馬にはしばらく逆らわない方が良いとは思っている。

世界の馬なわけだし、ここも格好つけてもらいたい気はするのだが、

ただ、なんか買いにくい。

GⅠ連勝して、香港から帰ってきての、国内1発目のレース。

これだけでも、なぜだか簡単に勝てるイメージがわかないのだが、

1400mのGⅢ戦。

これがますます、不安感を煽ってくる。

1400m以上のレースで、過去2回走っているが、その2回ともが2着。

だいぶ昔の話とは言え、勝ちきってないのは、良い材料ではないだろうし、

その後は、スプリントスプリントで走ってきた馬が、

スプリントGⅠの2戦にピークを合わせて、体を仕上げていった後の、

年明け1発目のレースが、1400mのGⅢ戦。

うーむ・・・どうも強気になれない。


強さを考えれば、ロードカナロアの相手探しっていう馬券選びをするべきなのだろうが、

ここはちょっと大きめの網を準備しておく。

穴っぽいところ2頭から、3連複で流すことにしてみますかね。


軸1頭目は、クィーンズバーン。

1400mは適距離で、阪神も得意。

で、今回のメンバー。

逃げが楽とまでは言わないが、前にガツガツ行くような馬もいないので、

前が残る可能性は、それなりに高そうだ。

阪急杯は、阪神1400mってことで、

阪神カップや、サンカルロのイメージで、差し追い込み合戦が多そうだと思いきや、

結構、前の方にいた馬券になっている。

さすがに開幕週って感じですかね。

仮に、クィーンズバーン以下がスーパー団子状態になって、

各馬追い出しが遅れたり、直線でワイドに広がりまくるロスが出てくるようなら、

先に抜け出すクィーンズバーンの残り目はありそうだ。


軸2頭目は、フラガラッハ。

アプリコットフィズと、微妙に迷ったんですけどね。

こちらの、ひとりタイムアタック馬を。

馬場とメンバーを考慮した上で、クィーンズバーンを指名した手前、

フラガラッハって選択はどうなんだって感じなんですけどね。

でもこの馬なりの魅力もありますわ。

それは、ひとりタイムアタック馬ってところ。

メンバーがどんな構成になろうと、レースがどんな展開になろうと、

一番後ろにドーンと構えて、着順とか気にぜず、直線でタイムアタックですわ。

いや、着順は気にはしてるんでしょうけどね。

で、フラガラッハが、阪神1400mに合うと思っている部分もあるのだが、

今回、サンカルロという、この条件で強力な馬がいながら、

それより前に、

ロードカナロアというスーパーなホースがランしてるって言う絵を意識すると、

この条件なら、思いっきり勝ちにいくだろうサンカルロは、

気持ち積極的になる可能性があるし、

そうなると、その間にいる他の馬たちも、ちょっと気がはやる可能性もある。

でも、フラガラッハには関係ない。

いくら、ポツンと最後方みたいな展開になっても、

自分の競馬に徹する馬なだけに、

全体がそれなりに早くなっても、自分の末脚は取っておけてしまう。

まぁ、ずっと最後方みたいな惨敗も有り得るが、

1400mのペースでうまいこと走れるのかどうかっていうロードカナロアを、

他の各馬が変に焦って捕まえに行くような展開で、

やっぱりちょっと早かったかもって流れになったところを、

直線スポーンと、フラガラッハに来てもらいらいたい。

まぁ、なかなか妄想が先行した予想ですな。


ってことで、クィーンズバーン、フラガラッハ、

この色の違う2頭から1頭軸3連複で、

サンカルロ、ロードカナロア、アプリコットフィズ、ブライトライン、

ミトラ、エピセアローム、レオアクティブ、インプレスウィナー。

このあたりまで。


中山記念はダノンバラードから入ってみる。

中山巧者も、上がり馬の勢いも怖いのだが、

この馬の充実度も目が離せないですな。

金鯱賞は逃げる形になって惨敗してしまったが、

それ以外のレースでは、強い内容を見せてますな。

特に、前走のAJCC。

アドマイヤラクティ、ルルーシュ、トランスワープ、サトノアポロと言った、

旬の馬たちに完勝。

これは大きいですわ。

サトノアポロなんかは、まだ条件馬ですけどね。


まぁ、軽く進路妨害しちゃったりはしたが、

重賞で人気もあって、結果も出している猛者たちを相手に、

あの着差は結構立派なもんだと思いますわ。

他の馬だったら、もっともっと楽に勝ってたぜ!

とも思わないので、

そんな中で、3番人気の単勝6倍越えは、だいぶ恵まれてる気がする。


ってなわけで馬券の軸はダノンバラードから。

相手は人気側で少数って感じですかね。

ダイワファルコン、タッチミーノット、ナカヤマナイト、アンコイルド。

馬連流しが一番シンプルなのだが、あんまりつかないので、

ダノンバラード、1着、2着づけの3連単でいきましょうかね。


あとはシンゲンとリアルインパクトを3着をつけておきますか。

シンゲン、頑張らんかなぁ。


えーと、今のところのオッズでは、トリガミは無さそうですな。

ちょっぴり太めのところ引っ掛かれ!


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/591-5020ae9b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。