スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪神大賞典とスプリングSの予想 
 
日曜重賞の予想といきましょうかね。

まずは、万葉Sからいきますか。

あれ?万葉Sじゃないか。

これ、万葉Sを勝ったデスペラードに対して、

ダート走ってたやつが、芝の長距離戦なんか使ってくるんじゃねーよ!

おい、行司、良いのかコレ!?

って、他の長距離路線の馬たちから無謀な物言いが入って、

長い協議の結果、審判長が、

「え~、行司軍配は、西方デスペラードに上がりましたが、長距離路線の馬たちの反発が強かったため、行司差し違えで、取り直しを行います。」

って流れになって、もう1回万葉Sが行われるって話かと思ったら、

どうやら違うみたいですな。


っていう、ちょっと長めの小ボケを挟んでしまうような、

万葉Sリターンマッチの様相ですわ。


まぁ、ダイヤモンドS組がいっぱいっていう年もあるんですけどね、

メンツが少ない上に、いかにも長距離路線すぎる馬たちばっかりが集まってるんで、

今年の阪神大賞典は、より長距離レースっぽい匂いがしてしまう。

で、実際中身はどうなるかっていうと、

どうやら長距離路線の馬たちの出番は少なそうな感じだ。

ゴールドシップっていう大横綱がおられますわ。

って、相撲ネタはもういいか。

ゴールドシップは、有馬記念馬であることは言うまでもなく、

3000mの菊花賞を完勝しているし、距離になんら問題がない。

むしろ、長くて負けることはないってくらい、スマートな走りをするんで、

ますます磐石だ。

少頭数の長距離戦における、後方待機の馬ってことで、

ペースによっちゃ、前行く馬を捕まえられないってパターンもあるんでないの?

ってことも、普通の馬なら考えてしまうが、

神戸新聞杯あたりからの走りを見る限り、

流れを見ながら、自分から動いていけるって競馬を見せているので、

むしろ捌きやすい少頭数なら、逆にプラスにすら思えてしまう。


で、もしこのゴールドシップに対抗できる馬がいるとすれば、

中長距離で結果を出している、ベールドインパクト、

そして、まだ底を見せきってはいない、デスペラードの1発、

この2つしかないとは思うのだが、

やっぱり、奇跡を起こすにはちょっと足りないかなぁって感じもしてしまう。

競馬ってモンは、どうなるかわからないが、

ゴールドシップが負ける馬としては、絶好調時のアーネストリーみたいに、

前で脚を溜めれて、直線も伸びるって感じの馬のイメージがしていて、

割りと似たくさい競馬になってしまう馬が勝つには、

運だったり、とんでもない調子の差だったり、

ちょっと、色々と必要になってくる気はしている。

正直、今年の阪神大賞典のゴールドシップは、

ここ数年でも、一番くらい堅いんじゃないかって気もする。

ってなると、頭固定はゴールドシップ。

で相手は、デスペラード、ベールドインパクトってことになりそうだが、

この組み合わせは、地方の交流重賞みたいな、軽く笑うオッズになってしまいそうなんで、

これはこれで買いにくい。

こうなってしまっては、見て楽しむレースで良いかって感じなのだが、

何かしら100円くらい、馬券は握っておきたい。

んで、

ローマ法王ネタで、ピエナファンタストでも良いかもしれないが、

前に行ける可能性があって、圧倒的1番人気がいるレースは外人騎手ってところから、

コスモへレノスの単複だけ薄く持っておく。

まだ馬も若いはずだろうし、色々奇策に出てみないもんかな。

あとは、ゴールドシップが涼しい顔でゴール板を抜けるところを見る感じですな。


スプリングSは、ヘルデンテノールにしてみる。

実は、弥生賞でカミノタサハラを軸にした一因として、

ヘルデンテノール、テンシンランマン、

この、能力を感じる2頭に先着したって部分もあったんですわ。

なにげに、この時の500万下の、4、5着も他で力は見せていて、

なかなかレベルの高かった500万下のレースだったんじゃないかと思いますわ。

で、そんな中、1着のカミノタサハラが強い競馬で弥生賞を勝ったんで、

またまた相対的に、コッチのヘルデンテノールの評価が上がると。

で、そんなヘルデンテノール、

これまでの成績を見ると、東京コースでは馬券率100%。

中山コースで唯一負け。

普通に考えたら東京で買えって感じではあるのだが、

ここも、カミノタサハラを買いに行ったのと同じで、

東京で(おそらく)人気になってしまったタイミングで買っても、しょうがないというのもあるし、

強い上に、中山コースで適正があるなんて馬は、当たり前のように人気してしまうんで、

個人的に、キャリアが浅い3歳戦の中山コースでは、

ちょっと能力怪しいかもしれんけど、中山においては化けるって可能性のある馬。

もしくは、中山コースは??? ってので、オッズ下げてる能力ある馬。

基本的には、この辺に軸足をおいておきたい。


ってところで、能力重視、プラス差し有利の馬場を考慮して、

ヘルデンテノールから入ってみる。

ってか、結構人気してるな。

ん? なんでこんなに売れてるんだ?

美味しさも込みって部分もあるんで、ちょっと悩んでしまうな。

まぁいいか。


相手はマイネルホウオウにしておく。

まさに、中山に適正ありの人気薄ですな。

距離がどうかってのもあるが、デビュー2戦は1800mだし、

今年は連勝馬が頑張ってる印象もあるし、

差し追い込みが決まりやすくなっても、1頭くらいは前で残ってしまうスプリングSなんで、

前に残る組の筆頭としてチョイスしておきたい。


他では、

ほとんど位置取りの差で負けているって印象のアクションスター。

この中では能力上と評価したい。

そして、またまた前残り期待でテイエムダイパワー。

あとは、ロゴタイプ、フェイムゲーム、アドマイヤオウジャ。

このあたりはキッチリ絡めておきたい。

馬券は、ヘルデンテノールと、マイネルホウオウのワイド。

ヘルデンテノールから馬単で流しーの、

マイネルホウオウから3連複で流す感じですかね。

なんとなく人気側で、どれかはコケる気はしますな。

ここでメチャ強い勝ち方する馬がいたら、皐月賞が面白くなりますな。



って、法王ネタは、まさかマイネルホウオウってことはないよな。

さすがにヒネリ過ぎか。

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/601-64a06a76

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。