スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜花賞の展望 
 
いよいよクラシックの季節ですなー。

今週末は、牝馬の1発目、桜花賞ですわ。

今年は混戦ムードですな。

2歳牝馬のGⅠ、ジュベナイルフィリーズは、人気馬が揃って負け、

そこでの勝ち馬、ローブティサージュは、チューリップ賞で大敗。

どの有力候補も、その成績に傷をつけてきた中、

ここに来て負けがない馬は、トーセンソレイユ、クラウンロゼ。

この2頭は、エルフィンS、フェアリーSと、それなりのところは勝ってきているものの、

桜花賞との関連性が濃いジュベナイルフィリーズや、チューリップ賞には出走していない。

他を見ても、

重賞で大きく着順を下げたサンブルエミューズや、コレクターアイテムなんかも、

持っている能力や、負け方なんかをみていると、ここでの逆転は不可能では無いように見えるし、

どう考えても今年は、

混戦の桜花賞と形容せざるを得ない感じですな。


ただ、桜花賞という重賞を考えた時、

とんでもなくド荒れの結末ってのを期待していいのか、と思うところもある。

以前には、レジネッタが勝った年のように、超ド荒れの年もあったし、

今年のジュベナイルフィリーズの結果から、

今年のクラシックは荒れる側で、考えておこうかと、

クイーンCの予想の時にも思ったりもしたが、

実際には、

桜花賞というレースは、強い馬、良い血統の馬が結果を残すレース。

近年は特に、その傾向が顕著に表れている。

桜花賞は、牡・牝馬クラシックの中でも、とりわけ強い人気馬が順当に来るレースで、

その後の活躍度合いを考えても、

桜花賞ってのは、たしかな地力ってのが求められる感じだ。


今回、混戦模様であるのは間違いないが、

レジネッタの年は改装前の阪神コースのものであったし、

近年の桜花賞は、やはり堅く収まってることからも、

変な馬が間違って走ってくる可能性に関しては、

そこまで、大きく夢を見ないようにしておきたい。

ちょっとは夢見たいけど・・・。

で、戦績的にはどの馬にもチャンスがあってもおかしくないメンバー構成だが、

血統的な部分に着目すると、サンデー系を積極的に狙っていきたい桜花賞。

何気に今年は、主役不在の年っぽく、

骨っぽいサンデー系じゃなく、

ロサードとか、アドマイヤジャパンとか、ブラックタキシードとか、スズカマンボとか、

味のあるサンデー系が多い。

だが、そんな中でも、やはりディープインパクト産駒には敬意を払いたい。

昨年はワンツーのディープ産駒。

今年は、レッドオーヴァルと、アユサンの2頭。

中でも、レッドオーヴァルは、チューリップ賞こそ負けてしまったが、

それ以外のレースでは本当に強い走りを見せていて、

血統抜きに見ても、ここでも相当有力の1頭と見える。

チューリップ賞は、上がり最速の脚を使って外を回って来た競馬で、

馬券内の馬たちとは、比べにくいような負け方なので、

例えば、距離を不安視されて、人気を軽く落としてくるようなら、

ここは積極的に狙って行きたい感じだ。

ジェンティルドンナや、ヴィルシーナを見てると、

ディープ産駒 = 短距離ってイメージの方が沸きにくい感じもするしなぁ。


他では、ハーツクライ産駒のコレクターアイテム。

これも期待したい1頭ではある。

負けたレースが、どれも強い印象があるんで、

力は結構あると思うんだけどなぁ。

タイミングさえ合えばゴボウ抜きのイメージもある。

ハーツクライ = 東京コースみたいなイメージを払拭してもらいたい。


夢見るとしたら、チューリップ賞で狙ったサマリーズかなぁ。

当たりか大外れかっていう見方をされた感じのチューリップ賞で、

見事に大外れのシンガリ負けだったんで、

ここで人気は絶対にしない。 これが最大の強みではある。

芝初挑戦で、あんなに大負けを食らってしまっては、

ただでさえ厳しい桜花賞で、馬券に食い込むのは奇跡にさえ思うのだが、

ただ、チューリップ賞で、

レースを引っ張ったテンの速さやスピードってのは、評価するべきところでもある。

直線入ってからは、グダグダになってしまったんで、

あれが実際の実力なのかどうかは、なんとも言えないが、

芝は走れそうな下地は見せたし、なにぶん、逃げ馬は脆いものであるし、

ここで、桜花賞に果敢に挑戦ってのも気にはなってくるし、

人気が無いだけに、もういっちょだけ拾ってみるかって気は、

ちょっぴり沸き出てくる。


ちょっと前のJRAのCM風に言えば、


デーデデ、デデー、デーデデーデー♪
デーデデ、デデー、デーデデーデー♪

初の芝挑戦、チューリップ賞・・・期待と不安を抱え、16着に沈む・・・。

デーデデ、デデー、デーデデーデー♪
デーデデ、デデー、デーデデーデー♪

そんな結果を目の当たりにしても、なお桜花賞に挑む意図は・・・。

デーデデ、デデー、デーデデーデー♪
デーデデ、デデー、デーデデーデー♪

その選択は、意地か、勝算か・・・。

その馬の名は・・・。

 
   


みたいな。 

うん、まぁ出来は62点くらいですかね。


まぁレッドオーヴァルより尺を使った割に、

そこまでは買わないですけどね。

1回買った馬を買わずに来られるパターンが、何よりも悔しいパターンでもあるんで。

ちょっと買ってみたい1頭ではある。

まぁー、かなり厳しいと思いますけどね。

勝算、ちょっとはあるのかなぁ。


明日もまた考えよ。

クラシックは楽しいもんですなー。

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/610-3b79c6e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。