スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜花賞の予想 
 
桜花賞の予想と行きますか。

前日の小遣い稼ぎはうまくいきませんでしたなー。

良いィーんです!

後半(桜花賞)に決めれば良いィーんです!

って、最近、なぜかJ・カビラのネタをやってしまうな・・・。

で、今年の桜花賞。

混戦で、どの馬が波乱を巻き起こすのかってのも気にはなるが、

明日の天気、馬場。

やはり、これが気になる。

東北でも、雨風の音が、結構ザーザービュンビュンだ。


こうなると、前の方に意識は行く。

今年の桜花賞は、ただでさえ混戦で、

混戦となれば、基本、前の軍団への警戒を強めるのだが、

これに馬場悪化っていうファクターが加わると、

ますます前は警戒かって感じですわ。


今年の桜花賞は、混戦と意識しておきながらも、ド荒れは期待しすぎないようにと、

予習の段階では考えていたのだが、

こうなってくると、ド荒れのパターンも用意しておいた方が良い年なんじゃないかって気はしてくる。

ってことで、

サマリーズ。

もういっちょ期待をかけてみる。

前走は完全なる大敗北のシンガリ負けではあったが、

個人的には、あの負け方を、サマリーズの本当の実力と捉えるには、

ちょっと不思議な負け方だったようにも思える。

というのも、負け方が、序盤レースを引っ張って、直線で大失速。

典型的な、逃げ一辺倒の馬の負け方とも言える。

しかしながら、この馬は逃げ一辺倒というような馬ではないし、

川崎での全日本2歳優駿を見ても、

直線で、さらに後続を突き放すような、長く良い脚を使えるタイプ。(それも空馬に邪魔されながら。)

そんな馬が、あんな極端な負け方をするのは、

ちょっと違うというか、

いくら着順が最下位だったとは言え、負けるまでのプロセスが、

あーいう展開になる馬ではないようには思える。

思うに、原因は芝がダメでしたってんではなく、

地方重賞から中央の重賞への挑戦、

デビュー戦以来の芝、

そこに休み明け、

などなど、色々加わって、ガッツリ負けた可能性もある。

本当に芝が合わない馬は、本来前に行く馬なのに、行き脚がつかずとか、

なにも良い面を見せれないまま終わることが多いが、

サマリーズは、ダート戦と変わらない行き脚を見せてレースを引っ張ったので、

芝は変わらず走れると考えておきたい。


で、

今回、条件が色々と好転。

まず、芝2戦目での慣れ。(厳密には3戦目)

休み明け叩いたことによる上積み。

前が有利っぽい流れで、

先行馬は多いものの、絶対にハナは譲りませんぜ!って馬があまりおらず、

思った以上にはハードな流れにはならなそうな展開。

そして、なにより力の要る馬場。

パワーを要する川崎ダートを勝っているサマリーズには、

この、馬場悪化の条件が、なによりもプラスに働きそうではある。


はじめは、レッドオーヴァルの素質を信頼して、ここメインで攻めようとも考えていたが、

お天道様まで味方してくれて、ここまで条件が好転してくるなら、

サマリーズを応援しようということになってしまったので、

今年の桜花賞は、この芝の未勝利馬から入ってみる。

まぁ、チューリップ賞シンガリ負けの芝未勝利馬が勝つなんて、

前代未聞過ぎて、データ的にはアウトどころか、

アウトにもならないレベルだとは思うんですけどね。

個人的なサマリーズのデータでは、ちょっとは反撃してくれるんじゃないかと思うんですけどね。

まぁ、実際問題として、チューリップ賞の大敗は厳しいと思うんで、

本命とは言いながらも、他からも買う予定ですわ。


で、ド穴本命はサマリーズで良いとして、

安定側の軸にはレッドオーヴァルを置いておく。

重い馬場で、ひょっとしたら風も強そうな日に、馬体重の軽さってのは気にはなってしまうが、

素質1本に期待する。

捻る側は、サマリーズでだいぶ捻ってるんで。

相手も、追い込み一辺倒の脚質が、これまた不安だが、

同じく素質だけに期待して、コレクターアイテムにしてみる。

他では、クラウンロゼ、サンブルエミューズ、ティズトレメンダス、

クロフネサプライズ、ナンシーシャイン、ジーニマジック、

この前に行けそうな軍団。

これらを3連系で拾う方向で。

前走、前が潰れる展開で1頭だけ粘り通したティズトレメンダスは、

この中でも、ちょっと評価を上げておく。


馬券は、サマリーズの単複。

サマリーズから、レッドオーヴァル、ティズトレメンダスに流しての3連系。

レッドオーヴァルから、コレクターアイテム、サマリーズ、

ティズトレメンダスに流しての3連系。

こんな感じでいきましょうかね。


いやぁーだいぶ攻めましたな。

つっても、守りに入れる馬もいない、今年の桜花賞なんですけどね。

どんな結果になるか楽しみですな。


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/612-ce1daf3b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。