スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皐月賞の予習 
 
皐月賞の予習をさらっとしておきましょうかね。

今年の皐月賞は、混戦ムードですなー。

まぁ、人気を集める主役候補がいるっていう年でも、

けっこう簡単に荒れたりするんで、

今年は、各馬の取捨が、かなり難解になってきますな。

皐月賞のポイントとしては、まずひとつに、

無敗馬や、王道路線を連勝してきたような馬でも、思い切り信頼はしにくい。

ってのは、ある感じはしますな。

ロジユヴァース、マイネルチャールズ、

アドマイヤオーラ、アドマイヤムーン、コスモバルクなんかは、

弥生賞を人気側で勝って、本番でも人気しましたけど、

どれも負けてしまいましたからね。

展開のアヤとか、色々敗因はあるんでしょうけど、

一筋縄ではいかないって感じなんでしょうな。

こういう結果を見る限り、人気側でも簡単に飛びつけないが、

もし信頼して買える人気馬がいるなら、

ディープインパクトや、アグネスタキオンとか、

他馬を寄せ付けない、圧倒的なパフォーマンスで勝ちあがってきた馬ですかね。


で、今回そんな馬いるのかって話ですけど、

敢えて挙げるとするならば、個人的にはエピファネイアですかねー。

敢えて挙げてるって時点で、ちょっと怪しい感じでもあるんですけど、

なんか、新馬戦の衝撃と良い、2戦目の勝ち方と良い、

持ってるものは大きそうな感じはしますなぁ。

ラジオNIKKEI杯と、弥生賞は地味でしたけど、

展開が何とも言えない感じでしたんでね。

溜めればズバッとキレそうな感じはするし、

弥生賞は、先行して後続に交わされたって展開なんで、

全体の流れを考えれば、それで4着は良くやったようにも感じましたわ。

一度負けたことによって、プレッシャーは軽くなるし、

皐月賞は、思い切った競馬ができた馬が馬券にくるって部分も多いと思うんで、

そう考えても、本番での巻き返しに期待したい1頭ですわ。

勝ち星よりも、自分の競馬ってのに集中できるだろうし、

鞍上も福永騎手に戻りますしね。


で、皐月賞は、上で挙げたような、それっぽい人気馬が負ける一方で、

人気薄が結構絡んでくる。


で、人気薄が飛び込んでくる条件ってのを考えてみると、

条件戦上がりの馬には厳しいが、

京成杯や、若葉Sあたりで、馬券内に来れていたような馬であれば、

思ったより勝負になる。

スプリングSや、弥生賞の負け組は当たり前だが、

この、ちょっと足りなそうな組が結構頑張るところが、ミソって感じだ。

今回それっぽい馬と言えば、

弥生賞2着で、中山巧者っぽいミヤジタイガ。

京成杯勝ちで、スプリングSも4着に善戦しているフェイムゲーム。

そして若葉S勝ちのレッドルーラー。

このあたりは、十分チャンスがあると見て、警戒したいところですな。


よくわからんのが、ロゴタイプと、サトノネプチューン。

ロゴタイプは、朝日杯もスプリングSも横綱競馬で勝って来て、

脚質的にも、皐月賞でコケるタイプと想像するのは難しい。

ただ、朝日杯はマイル戦。

スプリングSは、2、3着馬が、現時点の評価ではマイル寄りの馬。

その一方で、マンボネフューや、アクションスターが負けている。

これを考えると、そういうレースだったのかなーと、少し思わなくもない。

それでも、朝日杯から、一気に覚醒した感もあるし、

これを軽視するのは危険な気もするのだが、

思い切り信頼するには、ちょっと怖さもある。

何気に、この馬の取捨が、今年のポイントかもしれなくて、

非常~に、悩みどころだ。


サトノネプチューンは、前走大敗。

ここでの巻き返しは難しいんじゃないかぐらいの、結構ドッカリ大敗。

ただ、それまでのレースと違って、逃げの手を試した形だった。

その上、

レースの展開も、同じく前に行ったバッドボーイが沈む展開で、

エピファネイアも前で、最後の脚が鈍った展開だったってのを考えると、

この大敗を、額面通りに受け取ってしまうのは面白くない。

なんなら、ホープフルSで、弥生賞の1、2着に先着してるんで、

人気を落としそうな今回は、拾っておきたい気持ちは強いですわ。


まぁ、なんにしても、

コディーノもいるし、カミノタサハラ様もおられますし、

本当に難しいですな、今年の皐月賞は。

こうなると、コパノリチャードとかを警戒してる余裕もない感じなんですけど、

そうもいかないんでしょうなぁ。

ラブミーチャン、また地方交流勝ったしなー。


え? 明日のアンタレスSですか?

アンタレスSの勝ち馬は、アンタれす!! なんつって。

えー、この人気だと、

ソリタリーキング、ナイスミーチューあたりから攻めたいですね、はい。

弟デムーロのグラッツィアあたりも、斤量が恵まれてる気もします。

あまり自信は無いです。

頑張ります、押忍!


以上、歴代10位以内に入る、とんでもない締め方でございました。

いよいよ牡馬1冠目かー。


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/615-faca9123

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。