スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天皇賞(春)の予想 
 
寝落ちしてしまいました。

最近、どうも更新が遅くていけませんな。

さて、春の天皇賞の予想いきましょうかね。

今年の天皇賞、

ゴールドシップ対フェノーメノって図式よりは、

ゴールドシップにガップリ4つで相撲して、ひょっとしたら勝てるかもしれないのが、

フェノーメノって感じだが、果たしてどうかって感じが、

今年の天皇賞の図式ですかね。

まぁとは言え、

大きく見れば、このステイゴールド産駒対決って見方で良さそうだ。

ただ、この人気の両頭、共に不安要素は抱えている。

フェノーメノは、初の関西圏への輸送。

そして、もちろん京都コースは初。

陣営も、期待は高いが、3200mという長距離が歓迎というわけではないって感じのトーン。

それを考えると、3歳の秋に、菊花賞ではなく天皇賞(秋)を選択したあたりも、

多少頷けるものがあるし、

ここは色々と問われそうな一戦になりそうなだけに、

少し距離をおいて見ておきたい部分はある。


ゴールドシップに関しては、フェノーメノほど不安要素を多くは感じないが、

天皇賞(春)の1番人気は、あまり期待に応えられないという、

データ的な部分と、

有馬記念を完勝したとは言え、超強力なところとのレースが、もうひとつ少ない感じがしない
でもないこと。

このあたりか。

とは言え、菊花賞、有馬記念、阪神大賞典を完勝している馬に、

天皇賞でケチをつけるような隙は無いとも思うのだが、

フェノーメノもゴールドシップも、同じ競馬にならないぶん(予想は)

どちらにも、それなりの危うさはありそうだし、

この2頭で軸をガッチガチに固めて攻めるって言うのは、

堅そうな反面、怖さもある。


そんなところで、

ちょっと大技すぎるかもしれないが、

アドマイヤラクティから入ってみることにする。

さすがにゴールドシップやフェノーメノという相手に対して、

アドマイヤラクティってのは、さすがに物足りない感もあるが、

春の天皇賞というレースに対して指名する馬としては、

そこそこアリな気もしている。

春の天皇賞は、ディープインパクトやスペシャルウィークなど、

いわゆる本物っぽい馬がたくさん出てて、本物が勝つレースって顔と、

本物っぽい馬がおらず、ステイヤー寄りなレースになることも多い。

最近では、ジャガーメイルや、マイネルキッツが勝った天皇賞がそれに当たる感じか。


でアドマイヤラクティ。

正直に言えば、GⅡ勝利や、GⅠでの好成績が、ひとつやふたつは欲しいところだが、

前走のダイヤモンドSの完勝を見れば、

ここで少し狙って見ても良いんじゃないかって気になってしまう。

なんだかんだ言っても、スタミナ、持続力が問われるGⅠ。

金鯱賞や、AJCCで馬券になれる能力がありながら、

ダイヤモンドSでの勝ちっぷりを見れば、

GⅠで期待するならココって感じもするし、

仮の話、ジャガーメイルや、マイネルキッツの天皇賞に出ていれば、

天皇賞馬を争っていても良いようなモノは感じるので、

今回、ゴールドシップや、フェノーメノっていう本物が出ているレースではありながらも、

スタミナ勝負にチャンスはありと見て、アドマイヤラクティを買ってみる。

とは言え、勝つまでは大きく期待していないので、

3連複1頭流しか、3連単マルチの買い方にしておく。

やっぱり強い2頭がいるんで・・・。

相手はゴールドシップ、フェノーメノ、

ここに、ジャパンカップで、不利ありながらの8着に力走したレッドカドー、

あとは、この距離でも終い確実そうなデスペラード、

そして、立ち回りでなんとか持ってきそうなカポーティースター、

距離的に勝負できそうなムスカテール、

このあたりまでにしてみる。

トーセンラーも本当は入れたいのだけれど、点数的に・・・。

うまく調整して入れておこうかな。


あとは番外編で、レッドカドーと、アドマイヤラクティのワイド行っておきますわ。

今日は天気が良いなぁー。


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/620-64f01c91

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。