スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都新聞杯と、プリンシパルSの予想 
 
ダービーへの最終切符、京都新聞杯、プリンシパルSの予想と行きましょうかね。

まずは京都新聞杯。

ここはキズナっぽい。

毎日杯を圧勝して、皐月賞パスしてのダービー1本睨み。

ダービー本線ってんなら、距離的にはここは軽くこなさなくてはならんし、

毎日杯でのパフォーマンスを考えたら、

決して弱いメンバーではないが、ここでは負けてはいけない感じではある。

何よりも、コディーノ、エピファネイアと肩を並べる「元3強」の1頭で、

一頭だけ皐月賞を回避。

そんな馬が毎日杯圧勝して、京都新聞杯を使って、

もう一度、エピファネイア、コディーノと、

そして皐月賞馬のロゴタイプとぶつかる。

そんな状況で、

ここで軽く使って馬券内みたいな格好は、個人的にはお望みではない。

ここは京都新聞杯も圧勝して、

来たるダービーで、2頭を凌ぐくらいのガッチリ人気側として登場してもらいたいのである。

陣営としても、毎日杯は圧勝だったとは言え、

そこは、ダービーに繋がりにくい重賞なので、

距離的な部分を考えれば、京都新聞杯のココでこそ、

本番を想定した、「勝つ」レースをしたいと、

ダビスタの元馬主としては思うわけでございます。

まぁ、賞金的には足りていて、他も血統馬が多くて・・・ってレースではありますけどね。

久々に主役候補の1頭に武豊騎手が乗っているのも、応援したくなるし、(元は哲三騎手ですけど)

馬名も良いしね。

個人的には、これまで敵馬扱いになることが多かったキズナだが、

これまでの流れを見ていて、軽く応援したい側になってしまった。


ってことで、京都新聞杯は、キズナ頭から、

リグヴェーダ、アクションスター、マズルファイヤー。


で、この3頭でも良いとも思ったりもしたのだが、

なにか強く推しきれない。

3頭とも、強さは上位であることは認めてはいるのだが、

強さ通りに入線してくれるかと言われれば、

取りこぼしあってもおかしくない3頭ではあるんで、ちょっと自信はない。


そんなところで、

まずは、中距離以上の京都は逃げを警戒ってところで、

前走が前有利の流れも、上がりの脚が2番目で、

意外とここでも脚持ちそうなウインアルザス。

長距離適正で、1番手に評価できそうなペプチドアマゾン。

アクションスターを評価してるなら、スプリングSで先着していて、

前々走の2000m勝ちは、小倉でも意外と侮れないメンツっぽいところだったシンネン。

カミノタサハラの500万で4着だった(もうやめとけって感じか)ハッピーモーメント。

このあたりを2着まで持って来て、

3着にもサンガヴィーノ、サトノキングリー、ニホンピロバロン、

ライジングゴールド、ヒルノドンカルロ。

この拡めに攻める、総勢77点の3連単で勝負してみようと思う。

一番安くても、半分くらいは戻ってきそうですしね。

あとは、無いとは思いたいが、

キズナの差し損ねで、

キズナ2着固定の、マズルファイヤー、シンネン、ウインアルザス。

この3頭が1着で残っちゃうパターンも買っておきたい。

うおー、買い過ぎだな。

まぁでも、たまには勝負を仕掛けたいところですわ。


「じゃあ、いつ勝負仕掛けるの?」

「次でしょ!」

のパターンかもしれないけど・・・。


プリンシパルSは、

ミエノワンダーから、サーストンニュース、インパラトール、

ジューヴルエール、メイショウブシンの4頭だけになりそうかな。

えー、京都新聞杯を長くやり過ぎたんで、

サラッと書いてバランス保っておくことにしておきます。


ダービー近づいて参りましたよー。

やっぱり、毎年楽しみだね。


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/622-b464cb53

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。