スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NHKマイルカップの予想 
 
NHKマイルカップの予想といきましょうかね。

その前に、土曜の京都新聞杯、

いやー、久々に顔面の片側が硬直しましたわ。

あれだけデカイ網張っておいて、まぁースルリと。

あたり前ですけど、デカく張った時は、配当抜きにそこそこ高確率で引っ掛かってくれないと、

ダメージがデカいですわ(笑

結構引きずってしまいそうだが、切り替えないと行けませんな。

明日がしっかり当たってくれれば、土曜の分は引きずらないハズ。

ってことで、なんとか当てたいところなんですけどね、

NHKマイルカップ、なかなか難解ですわ。

人気はエーシントップ。

6戦5勝。

近走を見ても、強い馬であることはわかるのだが、

ちょっとココは飛びつきにくさを感じる。

エーシントップが勝つシナリオに対しては、思い切り否定はしないが、

自分が買いにくいと思うところは、

唯一の負けが、マイルGI。

そこで、ある程度自分の形を作りながらも、結果大敗してしまったこと。

もういっちょGⅠで、これが1番人気というのは、買いにくい。

もうひとつは、NHKマイルカップは、逃げ馬に易しくは無いというところ。

昨年はカレンブラックヒルが逃げて勝ったが、

むしろあれは、逃げたというよりも、

溜めたつもりなんだけど、たまたま一番前にいたって表現の方が合いそうで、

基本的には、差し馬、追い込み馬が活躍しやすく、

勝つにはカレンブラックヒルぐらいの素質を期待しなければならないんじゃないかとも思うし、

今回は、これまのレースとは違って、同型にコパノリチャードっていう強力な馬がいて、

その上で、逃げが難しいレースとなると、乗り越えるハードルは結構高そうな気がしてしまう。

そしてもうひとつ、マイルより長い距離の経験がないこと。

ジョーカプチーノの年などのように、距離に不安のありそうな軍団が、馬券に入ることもあるが、

それは、人気薄でマークが甘かったり、

もしくはレースの質がそっち寄りになってしまったりとかで、

今回のエーシントップのように、人気側でマークが厳しくなる側での、

さらに同型に強いのがいるって展開では、

ごまかしが効かない可能性は出てくる。

マイルの重賞実績があることに越したことはないが、

東京マイルは、スピードとスタミナ両面が求められる。

となると、個人的に一番欲しい実績としては、マイルでの実績プラス、

1800mや、2000mの重賞でもそこそこ勝負になった経験。

むしろ、マイル実績よりも、1800m以上の重賞実績とも言えなくもない。

過去の勝ち馬で言えば、たとえば、クロフネ、キングカメハメハ、ダノンシャンティ。

馬券になった馬で言えば、ブラックシェル、ダイワバーバリアン、コティリオンあたり。

特に、勝ち馬は、

能力で勝ってしまったと言ってもおかしくはない、結構立派な名前ばっかりで、

それくらいレベルの高い馬が、今年の出走馬にいるのかって感じでもあるのだが、

本質的には、こういった馬を狙いたい感じはある。

ディープスカイなんかも本質はマイルじゃなかったろうし、

キングカメハメハなんて、初マイルで5馬身差の圧勝ですからなぁ。

馬が強過ぎるとは言っても、

やはり東京マイルは、短くはないってところを、感じてしまいますな。


ってところで、

今回は、差し馬、距離の幅ってところを意識して、

ゴットフリートから入ってみる。

朝日杯で、少し離されながらも強い3着。

勝った馬が、ロゴタイプ、2着がコディーノってところも、重要なポイントにしておきたい。

きんもくせい特別や、共同通信杯の競馬からも、左回りは向きそうで、

前走の大敗は、スタート躓いて、レースの流れも良くなかったし、

ビュっとキレるタイプでもないので、展開や、コースの質に屈した感があり、

今回の巻き返しは期待できると思いたい。


相手は、マイネルホウオウにしておく。

前走スプリングSで、追い込んで3着に入ったことで、むしろ狙いたくなってしまった。

マイル適正が高いながらも、1800m重賞での力走を評価したい。


結構狙いに行ってしまってる感もあるので、

もういっちょ相手にフラムドグロワ―ル。

東京コースの適正は高いし、脚質や、距離を考えたら、粘っこく粘ってそうなイメージが、

ちょびっと出てきた。

このへんで、そろそろ顔出してくるのを期待したい。


で、結局、これも狙いに行ってしまってる感もあるので、

もういっちょ相手にアットウィル。

距離は、ここがギリギリかもしれないが、

朝日杯、シンザン記念で見せた脚は、

東京コースでこそ、日の目を見る気がしてならないので、

ここは是非とも拾っておきたい。

距離足りなそうだけど、追い込みの脚が生きるって点では、

NZTが7着で馬券内に届かなかったけど、

本番ではサトノプログレスに逆転したダノンゴーゴーのイメージですかね。


馬券はゴッドフリートから、この3頭に流して、

ザラストロ、レッドアリオン、ガイヤースヴェルト、カシノピカチュウ、

ローガンサファイア、サトノネプチューン、インパルスヒーロー。


逃げ馬からは、コパノリチャードだけは拾っておこうかなぁ。

前走は色々負けて良い要素あったし、勝ちっぷりがいつも強烈なんで、

「逃げが難しい」って言うフィルターを外してしまえば、

評価を下げる理由は、あんまりなかったりする。

皐月賞も流れ次第では、どうなってたかわからないし、まだ判断しかねるんで、

ここは拾っておこう。


とりあえず、こんな感じで行きましょうかね。

なんか、特段、自信はあるわけではないけど、

自分の予想としては気持ち良いところまでやったなーって時、ありますな。

今回は、外れても納得って感じの良い予想できた気がしますわ(あくまで個人的にですけど・・・)


まぁ結果がついてくるかは別問題なんですけどね。

できれば当たれ!



スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/623-d96adb1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。