スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダービーデイの予想と、馬券の話 
 
なかなか素敵なダービーが終わりまして、

そんなダービーデーでの、ちょっと個人的な予想の中身や、馬券の話を。


ダービーの予想としては、

エピファネイア本命ながらも、ダブル本命に近い形で、

良い結果を得たには得ましたわ。

が、しか~し、

相手は絞れると見て、

3連単メインだったことや、ロゴタイプからの変則買いってのも手伝って、

的中したのは馬連のみ。

モト冬樹の頭髪と大体同じくらいか、僅かに少ないかくらい、う~っすら浮きましたわ。

この馬券の結果を受けて、悔しさが無いと言えば嘘になるが、

キズナが制したこのダービーで、一応は的中したことに関しては、

結構、嬉しかったんですわ。

金額というより、予想の面で。


なんていうか、ピッタリ当たったから、それが正解と言えるわけではないのが競馬だし、

自分が思っていること意外の要素も、実際には色々絡んできて、

たまたま結果として、

自分の予想が当たったっていう面も、少なからずあるとは思うのだが、

自分の考えが、こうして形になって出てきたのは、

素直に嬉しかった。


思えば、エピファネイアを本命にする時も、

皐月賞より以前の話で、

「本質的にはマイルが合いそうで、古馬になってからはそっちの路線を目指すかも。」

みたいな記事を何かで見たり、

今週に入ってからは、ソエの情報が出たりで、

正直、不安要素は結構あった。

目に見える範囲でも、掛かりグセも気になっていたし、

「自信の大本命です!」と言うには、そうも言えなかった部分はあった。

しかし最終的には、

マイナスの面で噂になっている情報は、シャットアウトして、

プラスの面だけ見て、思い切ったことが良かったみたいだった。(負けてますけどね)


キズナに関しても、皐月賞を避けて、弱いところを圧倒してきただけみたいな、

半分は納得いくような、ネガティブな見方もあったし、

キズナが直線で持ち出すであろう、外の馬場はあんまり伸びないっぽい、

そんなマイナス条件もあるにはあった。

それでも変にヨレずに、

最終的には、自分の考えをゴリ押ししてみた甲斐があった。

やはり何よりにも、

皐月賞組が、レコード決着で、おそらくダメージが残っていて、

流れもダービー向きじゃ無かった反面、

キズナは着々とダービーに向けた仕上げをしていたのが好印象で、

当馬を管理する、佐々木調教師も言っていたが、

ダービーに向けて賞金の足りなかったキズナが、

毎日杯をキッチリ勝って、賞金を早めに加算して、

メイチで京都新聞杯に挑まなくてはならない状況を、作らないで済んだこと。

このあたりも、すごく良い感じに思えて、

最終的にはこの2点が決め手になったんですわ。


毎日杯が2着とかだったら、能力的なものも、ダービーへ向けた状態も含めて、

狙いに行きづらいはずだった。

そもそもが本番で強くない別路線組で、それが1番人気という背景もあったから。

皐月賞の流れや、キズナのその後など、

ひとつひとつが欠けることなく、うまい具合にハマったからこそ、

キズナに狙いを絞れて、

で、こうなってしまえば、

ノースヒルズ × 武豊 × 80回の記年ダービー × キズナという馬名。

この辺の 「応援したくなる要素」 がガッツリ後押しして、

馬券の、対抗という形にまで持って行ける形になった。


で、馬券を買って、

あとは応援するだけですわ~って感じだったのだが、

実際はレース中も、色々と、なんとか噛み合ってくれた結果の、

キズナ、エピファネイアのワンツーフィニッシュだった。

ライブで応援していた時は、

全体を見ていたり、カメラワークのせいもあってわからないことも多かったが、

後からリプレイをチェックすると、

エピファネイアは、相変わらず手綱引っ張り通しだったし、

なんなら、地上波の方で一応録画してたものを見返してみたら、

そっちの映像では道中つまずいて危ないことになってるし、ヒヤヒヤもんだった。

それでも、良いタイミングで外に出しながら追い出して、

掛かりながらも内で溜めた、その末脚を爆発させた。


キズナに関しても、最後の直線ココから行くぜ!って時に、

前にいる馬に進路を塞がれそうになって、一瞬危ういか?って状況になった。

しかしながら、その狭いスペースに猛然と突っ込み、

ちょっとキツイかもしれない位置から追い込んで、

先に抜けたエピファネイアに並ぶ間もなく交わした。


武豊騎手は、あの場面を、

「あの場面は僕も引けないところ。馬もよく応えてくれました」(ネットの記事から転載)

と言っていた。

ダービーという大舞台と、

修羅場を何度もくぐり抜けてきたダービージョッキーの勝負感が織り成した、

男の騎乗に思えた。


何げに、3着のアポロソニックも、4着のペプチドアマゾンも、

最内に進路を取っていた時間が長かったし、

結果として、内で溜めて外に出したって判断をした、福永騎手、武騎手は、

総合的に、勝つ流れの騎乗をしたと言えるのかもしれない。

おかげで、最後の直線は、もう目がギランギランでしたわ。


今回のダービーは、結果的には人気馬決着ではあったが、

キズナ、エピファネイア、いずれにしてもヒヤヒヤの流れで、

特にキズナは、ダービーへの経緯も色々となんとか噛み合って、

それでも、それが最後の最後まで切れずに繋がった。

本当に素晴らしいダービーストーリーだった。


まぁ、これは完全に個人的な解釈ではあるが、

こういう結果が出て、ここまで考えたら、

気合込めたダービー馬券が、

ノーアウト満塁のチャンスで、ゲッツー取られたけど、

1点だけはなんとか入れてやったみたいな、

なんか喜びきれない、うっすら浮きでも、

全然満足できる結果になりましたわ。

本当に良いダービーでした。


で、

ほとんど馬券の話してない流れになってしまったが、

オチはキッチリありますわ。


ダービー馬券が、軽くカスった感じに終わってる一方で、

その直前の京都10R、ディープインパクトカップ。

ディープインパクトカップ馬券
ディープインパクトカップ馬券2


ハイっ! ダービー資金、直前で作りましたっ!(笑


ダービーの方に気合は入ってたんで、

本当に突っ込みましたわ、コッチかい!と。


クィーンズバーンからの1頭軸で、

しかもカイシュウコロンボとサクラアドニスがキッチリ2軸目っていう、

離れ業をやってしまいましたよ。

もうね、ダービーは馬券弱かったけど、

キズナとエピファネイアと、

あるいは、週中にコメントくれたSTさんが、

ご褒美をくれたんだと思いましたわ。

33点の買い目の内、下から2番目についてたヤツ・・・(^^;)

3連複でこんなゴツイの引っ掛けたのは久しぶりですわ~。

もう3連単マルチにしとけっても思いまいましたけど、

こんな状況で、ダービー、目黒記念に臨めるとは思ってなかったんで、

結構舞い上がりましたわ。


で、危険なのが、このフクランダサイフの中身を、

ダービーにドカンと行ってやりますわ~!の流れですよ。

しばらく競馬やってきて、ココは冷静になれました。

的中直後に、キッチリ全額出金。

もちろん、ほんのり気持ちだけ多く買いましたけど、

ダービーは結局うっすら浮きで、

多く買っていたら、どこの部分にデカく張ってたかも予想し得なかったんで、

この判断は良かったですわ。


と、こんな感じで、思わぬサプライズもあり、良い東京優駿も見ることができて、

良いダービーデーを過ごすことができました。

以上、

予想の中身の話と、馬券の話でございました。

うれしー! 録音用の機材でも買おうかなー。




最後に目黒記念で、武豊Jと福永Jと岩田Jから攻めて、大ハズレして、

それなりに溶かしたのは秘密でごわす。


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/634-1750a532

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。