スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
函館SSと、ユニコーンSの予想 
 
函館SSと、ユニコーンSの予想行きましょうかね。

函館SSは、とりあえずエーシンホワイティから入ってみることにする。

前走ダートで惨敗だったり、

他でも際立った活躍ができていない感はあるが、

平坦の京都では、常に高いパフォーマンスを見せているし、

さらには小回り平坦の小倉での実績もあるので、

函館コースが完全に平坦ではないにしろ、

ほぼ平坦と考えて良いはずなので、

洋芝さえこなせれば、持っている力は発揮できそうな感はある。

まぁ、普通の感覚であれば、

こんな超追い込み馬を、直線の短い函館の、

それも開幕週で狙いに行くのはスジが良くないのは、もちろん意識はしているが、

そこは、昨年のビスカヤ作戦がハマることを期待したい。


前行く軍団が、重賞もしくは洋芝実績のある馬が多い流れの中で、

このコースの利を生かして、ドリームバレンチノの追撃を抑えようと思えば、

いくら抑えてながらってのを意識していても、

さすがに遅い展開にはならなそうな感じはするし、

ドリームバレンチノ側にしても、この前行く軍団の能力と、

函館開幕週ってのを考えたら、

知らず存ぜず、余裕の追走ってわけにも行かない気はしている。

短距離戦だけに、ドリームバレンチノ付近につけるだろう、中団の馬たちも、

仮にそんな速い流れになったとしても、間隔は詰めながら追走したいとは思う。

ドリームバレンチノを後ろから差し切る自信があるなら別だが・・・。


そうなると、一番有利?かどうかはわからないが、

もっと後ろにいる馬がちょっと有利になってくる。

気がしないでもない。

全体が速くなる流れで、間隔が詰まった展開になれば、

エーシンホワイティとか、フラガラッハとか、

道中、悠々追走して、

ひとりで直線タイムアタックみたいな真似をする馬には、1発怖さはあると、

軽く妄想してしまう。


まぁかなり妄想が激しい予想なんで、

正直、自信は相当ないですわ。

昨年のビスカヤは、少頭数の中で、内を縫って進出してきたのも、

ひとつのポイントではあったと思うし、

今年は、頭数考えると後ろの軍団にチャンスあるかと言うと、

何とも言えない。

ここまで不安な予想なもんだから、

末脚魅力のありそうな、スギノエンデバーや、

洋芝実績と、終いの脚も期待できそうなアドマイヤセプターとも迷った果てに、

人気薄のエーシンホワイティで玉砕って絵が、一番シックリきてしまった。


ってところで、軸はエーシンホワイティ。

馬券は単複で良いかなとも思ったのだが、

なぜだか、複勝が安い!

単勝に比べて、かなり買われている気がする。

なんぼのもんじゃい!

だったら単勝で玉砕や~!って感じだが、それは蛮勇が過ぎる感もある。

おそらく、ドリームバレンチノは高確率で馬券内には食い込んで来るとは思うので、

ココを頼りに、

エーシンホワイティと、ドリームバレンチノの2頭軸の3連単マルチと、

同じく、アドマイヤセプターとの2頭軸マルチを買う予定にしておく。

念のため、アドマイヤセプターと、ドリームバレンチノの2頭軸の目も買っておきたい。

相手は、シュプリームギフト、パドトロワ、テイエムオオタカ、スギノエンデバー、

アフォード、ビウイッチアスあたりになるかなー。


ユニコーンSは、予習の記事での通り、サマリーズ。

これは買っておく。

ただ、思ったよりも人気しちゃっているので、

ベストウォーリアからも買っておきたい。

券種はまだ固めてないが、

相手は、ダートの方が実は成績良いウイリアムズ騎手のチャーリーブレイヴ。

前走だけで相当人気落としてる感のあるタッチザターゲット。

そこそこ良いところを勝ち上がったベリートゥーベリー。

もういっちょダート見ておきたいノウレッジ。

あとはサウンドトゥルー、ケイアイレオーネ。

この辺りを考えておきたい。


メインはサマリーズからの馬単かなぁー。

サウンドリアーナは気性が心配だけど、抑えておいた方が良いのかな。

ちょっと人気被りすぎな気も・・・。

買い方悩みそうですわ~。


うーん、この時期の重賞は難しいですなー!

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/643-efa0c631

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。