スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋華賞の予習 
 
秋華賞の予習をしておきましょうかね。

阪神JFを含む、今年の牝馬クラシック戦線は、混戦模様って感じですな。

前日段階で、

重賞初出走のスマートレイアーが単勝1番人気になっている状況などを考えても、

去年の、ジェンティルドンナ対ヴィルシーナの秋華賞とは、一線を画す状況ではありますなー。

こんな年だからこそ、できるだけ人気の薄いところから引っ掛けたい。

って感じの、今年の秋華賞ですわ。


個人的に、今年の一番のポイントにしておきたい部分は、

ローズS組。

の、前に行って、直線バテちゃった軍団の巻き返し。

ローズSは、雨の重馬場の中にもかかわらず、

デニムアンドルビーが後ろからまとめて追い込み決めたってレースで、

勝ち馬の強さが際立ったレースでもあったが、

前半の1000mが、重馬場で、58.2秒というハイペース。

これは、デニムアンドルビーを賞賛するよりも前に、

前行った軍団にとって、

過酷な展開になってしまったんではないかと推測するのが先かもしれない。

馬場を考慮してか、先行各馬の行き脚が、多少早まったのかもしれない。

今回、馬場状態がどうなるかってはわからないが、

どちらにしても、ローズSでの先行組は、

意識としては、もう少し楽なペースで進みたいはず。

そして、おそらくは、そうなるとは思う。

デニムアンドルビーに関してネガティブなことはあまり言うつもりは無いが、

もしここで、信頼して買うのであれば、

個人としては、距離、そして直線の長いオークスで、

勝つか、最低でも、強い2着ってぐらいのインパクトが欲しかったし、

もしくはローズSで圧勝みたいなパフォーマンスは欲しかった。

デビュー以来、馬券内を外していないし、

間違いなく上位の能力を持っていることは、完全に認めているのだが、

重賞上位馬が安定しない、今年の混戦模様と、

ローズSのレース展開から考えると、

1番人気になりそうなデニムアンドルビーから、買うよりも、

ちょっと人気の落ちる、前目の軍団から狙ってみるのが、良いんじゃないかっていう、

今のところは、そういうスタンスですわ。

おそらく、エバーブロッサム、ノボリディアーナ、

セキショウ、ティアーモ、サクラプレジール。

この辺りと、

外し技で、セキショウを逃がしてしまった以外は評価してよさそうなリボントリコロール、

そして、位置取りの分、キレ負けしたウリウリ。

この辺りから、考えることにしましょうかね。


エバーブロッサムの人気の落とし方は、狙いたくなるなぁ~。



スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/674-7eb9a526

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。