スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菊花賞の予想 
 
菊花賞の予想いきましょうか~。

ついに、2013年のクラシックも最後ですわ。

秋競馬、毎年ソコソコ調子が良くて、

夏競馬の負債をココで取り戻すって感じなのだが、

今年はちょい低調ですわ。

最初の2週こそ連続でゲッツして、

やっぱり秋競馬は相性良いな~なんて思うようなスタートを切れたのだが、

それ以外でガッツリと頂けたのは、セントライト記念以外、パッと思いつかなくて、

なんだか、まだ良い波を掴みきれてない気がしますわ。


少ない時間の中で、予想がちょい雑になってるからなのか、

運がちょびっと足りてなかったのか、

もともと馬券がド下手だからしゃ~ないのか、

もうひとつギアが入ってきてない気がしている。

まぁ、

一番下の理由が最も大きい原因だとは思いますけどね。。。


しか~し! そんな下がり気味の空気を、一掃させる力を持ってますよ。

GⅠは、クラシックは。


ココでうまいこと当ててやって、

秋後半~そして冬の競馬へと繋がる、良い流れを戻してやりますよ~!


ってことで、ちょいイレ込んだ 意気込んだ状態で予想の方に向かいましょうかね。


まずはエピファネイア。

皐月賞、ダービーを連続2着しての素質馬が、

神戸新聞杯を快勝して~の、堂々の主役で登場ですわ。

馬券的な妙味とやらを考えると、

ココを蹴ってしまえば、途端にうまみが出てくるという、断然人気馬で、

その線も、まるで無いことはない・・・競馬だから・・・。

っていう考えも一瞬チラついてしまうのだが、

思い返せば、エピファネイア。

今年のクラシック戦線で、ずっと一番に応援してきた馬でしたわ。

本音の本音を言えば、カミノタサハラっていう、弥生賞勝ちのマイPOGが、

一番の応援馬であることに間違いはないのだが、

この馬も新馬戦の衝撃から、ずっと応援し続け、

馬券も分厚く買っていて、

思い入れは相当強かった。

そんな馬が、皐月、ダービーと2着でやってきて、

主役で登場する今回の菊花賞。

これはもう・・・

切れるワケがない!

応援しないワケがない!

ってことで、気合の1着固定ですわ。

競馬って、ちょっと面白いと思うのが、

人気馬は、普通は(私としては)切りたい側に置きたくなってしまうのだが、

こんな2倍を切るような超絶人気馬でも、

いざ、応援する!って腹を決めたら、

途端に馬券が買いやすくなってしまうんですわ。

大体こうなると、1頭頭固定しか考えなくなりますからな~。


ってことで、エピファネイアが、

ココで悲願の戴冠って絵を期待する菊花賞にします。


んで、2着はちょっと冒険してみる。

神戸新聞杯を見る限り、本番でも、

直線で1頭だけ、エピファネイアと同じ脚色で追走してく絵というのは、

ちょっとイメージはしてしまう。

オルフェーヴルと、ウインバリアシオンのセットのように。

ただ、ウインバリアシオンが、

ダービー、神戸新聞杯と、同じ距離で似たような競馬を見せたのに対し、

マジェスティハーツはここ3戦の成績こそ安定しているが、

競馬っぷりは安定しているというワケではなく、

前走にしても、ちょっといきなり隠し芸を披露された感じだ。

もし、あの競馬が本来の姿で、コレからはずっとあんな感じでござる!

って言うのなら、少し安心して買いに行ける気はするのだが、

2400mという距離で、同じ競馬を2走連続で見せたウインバリアシオンと比べると、

良くも悪くも、底がわからないマジェスティハーツは、

ちょっぴり怖い部分はある。

細かいことを言えば、あの後方待機からの直線一気を決めるために、

ディープインパクトや、ゴールドシップのような、

ゲート出てスっと下げるとか、そういう芸当が、良い意味で癖づいているのか?

とか、その辺りを心配してしまう。

馬券が売れてる要因としては、

神戸新聞杯のような競馬を期待している部分が大きいだろうし。。。

う~ん、邪推しすぎかもしれないんですがね(^^;)

もう、前哨戦で、ウインバリアシオンと似たような競馬を見せて、

同じハーツクライ産駒っていうだけで、怖さ満点なのだが、

ここは、悩んだ末に、

マジェスティハーツは3着までにしてもらうっていう暴挙に出てみる。

んでもって、

代わっての2着候補。

アドマイヤスピカ、アクションスター、サトノノブレス、テイエムイナズマ。

この4頭。

アドマイヤスピカは、競馬が安定しているのが買いやすく、

距離が伸びた方が、いかにもチャンスが拡がりそうと見える。

叩き2走目での上積みって部分も考慮すると、ココも買っておきたい。

アクションスターは前走、久々に能力の高いところを見せてくれた。

確たる要素はないのだが、

ここは神戸新聞杯の予想の時と同じく、

成長力、素質、人気の無さってところに期待したい。

サトノノブレスは、エピファネイア、マジェスティハーツが猛然と追い込んでくる中で、

前で脚色衰えずに粘っていた絵は、ちょっとココで期待を持っても良さそうだ。

青葉賞でも良い脚を使っていたし、長距離適正は高いと見る。

最後にテイエムイナズマ。

前走がもうちょっと上の着順が欲しかったが、

皐月賞、ダービーともにラスト3F、メンバー中2番目の脚。

直線での弾けっぷりなら、

エピファネイアにもマジェスティーハーツにも見劣りしないはずで、

ちょっと冷静に考えると、

クラシックで連続6着と善戦している馬が、

キズナや、ロゴタイプ、コディーノ、カミノタサハラ、その他が出てこない、

今回の菊花賞で、着順は上がってくるハズという考え方も、

自然といえば自然ではある。

そうなると、神戸新聞杯の結果だけ目を瞑ってしまえば、

この人気は放っておけない感じ。

ってことで、拾っておくことにする。


この4頭の中でさらに絞って、太く買うって手も無いでは無いのだが、

薄いところ行ってる分、このくらいが落としどころっぽい気もしますな。

で、続く3着候補は、これまた拡めに、

ケイアイチョウサン、タマモベストプレイ、バンデ、ナリタパイレーツ、

ダービーフィズ、ユールシンギング、ラストインパクト、マジェスティハーツ。

この辺まで行っておく。

この組み合わせで、3連単44点。

これを、200円か、300円ずつ買っておきましょうかね。

GⅠですのでね。

クラスィ~ック!ですのでね。

うーん、気合入りますなぁ~。



最後の1冠、頑張れエピファネイア!



スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/678-15a817b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。