スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有馬記念の予習 
 
今年も有馬記念がやって来ましたね。

そんでもって、今年もチキチキですよ。

楽しみですな~。

今年も、メンバーの予想に乗って頂いて、仮にその馬券が的中した場合、

配当金額によっては、一部を義援金に回すという企画が継続されるのですが、

今年もその企画に対して、反応があった模様でございまして、

なんだか嬉しいですなぁ。


チキチキの馬券の成績としては、1度の3連単的中を含め、

感触は良い感じではあって、

今年もひょっとしたら?なんて期待は常にあるような感じのチキチキなんですが、

正直なところ、10点前後で当てに行くってのは、

普通の馬券師の感覚では、

そう簡単には行くまいと思ってしまうところだと思うんですよ。

で、そんな状況の中、

決して安くはない1000円というリスクを犯しつつ、予想に乗っかってもらった上に、

的中した暁には、

その使い道まで指定してるワケですよ。


もちろん自由参加ではありますけど、

とは言え、それでも、

今年も参加希望を意味する「拍手押し」があったようで、

なんだか、嬉しい気持ちになりますね~。


なんというか、漢気に溢れているというか、

他人のことを顧みないような人たちが増えているんじゃないかと、心配する今の世の中で、

こういった方々がいらっしゃるんだなぁと、しみじみ感心してしまいますわ。

なんて言うんでしょうね、

企画の募集は半分で、

もう半分はむしろ、コッチから一緒に宴会したくなる人を募っているようなもんですよ。

こんな方々と競馬で語り合えたら、きっと楽しく盛り上がれるんだろうな~って、

そんな想像をしてしまいますな。

そう考えると、ますます当てたい。

的中して、うまく行き過ぎて、

あわよくばオフ会、忘年会、大宴会になってしまわんかと思うわけですわ(笑)

そう簡単には行かないのが競馬ではありますけどね~(^^;)

妄想が膨れ上がります。


って、タイトルからだいぶ脱線してましたわ(笑)

有馬記念じゃなく、宴会の予習ですな、コレでは。


さて今年の有馬記念。

コッチの予習が本線でした。

一番のポイントは、やはりオルフェーヴルになってくるでしょうな~。

十分過ぎるほどの栄光を勝ち取ってきた名馬の引退レース。

有馬記念も過去に勝っている。

この馬の立ち位置と言うものを考えてみると、

無事に回ってくることが、一番大事にはなってくるのかもしれない。

ただ、ファンの気持ちを考えると、

無様な競馬は見せられないどころか、

有終の美を飾なくてはいけない、ファン投票1位のじゃじゃ馬ってところでもありますわ。

オルフェーヴルが最後に勝つところを見たいという、ファンの気持ち。

それが、そのまま馬券に表れてくるのも想像はつく。

う~ん・・・、

馬券的には本当に悩ましいですなぁ。

個人的にも、オルフェーヴルの宝塚記念を買えなかった悔しさが残っているし、

よくよく考えてみても、この馬がココで負ける絵は想像しにくい。

しかしながら、おフランスから帰ってきての初戦で引退レース。

それが有馬記念というビッグレース。

強烈な強さも持ちつつも、規格外の負け方もしてしまう気性の持ち主。

で、おそらく、引退レースってので、

馬券の殆どは、オルフェーヴル中心で売れるだろう、今年の有馬記念。

こうなると、他から馬券を組み立てるってパターンも・・・。

などと、

色んな要素が絡まってきて、本当に頭を悩ませてきますな。

金曜の夜までに、買い目を決められるかどうか不安ですわ(^^;)

ゴールドシップも、どう扱ったらいいかって感じですしね~。


オルフェーヴル以外ってなると、

中山巧者の、1枠両頭は気になりますな。

ダノンバラード、ヴェルデグリーン。

ちょい穴人気はしてきそうではあるが、ココで内枠ってのは、

なんか持ってきてる感じがある。


デスペラードなんかも、前走3600mのステイヤーズSとは言え、

直線、1頭だけ違うギアの入り方で圧勝したのは印象的ですな。

まぁ前走がステイヤーズSってだけで既に、ハードルMAXな気はするのだが、

同じ中山コースで、それまでにはない競馬というか、

そこそこ前につけて完勝したってのは、ちょっと気にはなってしまう。

勝ち方としても、例年のステイヤーズSの勝ち馬の中では際立つものだと思うし、

新味を見せたのが、ちょっと怪しく光って見えなくもない。


他では、2枠の2頭もちょっと不気味ですかね。

前走を先行競馬で押し切って、重賞初制覇のカレンミロティックは、

垂水Sなんかでも逃げ馬捕まえて、後続に5馬身差ってレースをやってるんで、

なんだろ、逃げ馬を早めに捕まえたところから2つ目のギアが入り始めるって言うか、

そういった、馬自身のテンションが上がるレース展開にさえなれば、

何かしらのリミッターが外れて、

止まらない可能性は無いとは言い切れない怖さはある。


そしてカレンミロティックが勝った金鯱賞で、復活の狼煙を上げたウインバリアシオン。

約1年半の間隔が空いた1発目で、

3着まで食い込んで来るのは、本当に立派ですわ。

前走ちょっと走って来たってだけでは、有馬で買うには多少物足りないが、

とは言え、

3歳時は、オルフェーヴルと来たら、2着はこの馬なんて時期がありましたからね~。

ちょっとした、因縁めいたモノはありますな。

色々と無視できない存在ですわ。


個人的に悩んでいるのが、トーセンジョーダン。

ジャパンカップは、この馬を買うラストチャンスかな~なんて思ってたんでけどね、

3着に頑張ってしまったわけで、

そうなってしまうと、ラストチャンスが今回に引き延ばしされてしまうわけですよ(笑)

あれだけ粘れるのは、まだ力が残っていたわけで、

やっぱり競馬をする位置取りの部分は大きかったと思うんですよね~。

今回も同じように、

前にガンガン攻めて行って、スタミナ勝負に持ち込めばチャンスはあると思うし、

2500mって距離は、やはりこの馬に合っていると思ってしまう。

有馬記念はこれまで5着 → 5着って来てるんで、

最後は3着ぐらいないもんかなぁ~なんて期待はしてるんですけどね。

今回、大外枠・・・。

テンからガッツリスピードに乗って行く馬ではない上で、

先行を期待したい馬ですからな~。

下手な競馬をすれば、相当なロスに繋がる可能性が高いワケで・・・。

う~む・・・頭が痛い。

どうしますかなー。


まぁ長いこと書いて、結局まとまってないってことですよ(笑)

天気のこともありますし、馬の状態もありますし、

今年はいつも以上に難しい気がしますな。

しかしながら、

この永遠にも思える悩みの時間こそが、競馬の醍醐味。

今年の大一番、有馬記念も楽しませてもらいまっせ~。


馬場はどのぐらいの状態になるんだろうか?





スポンサーサイト
 
ありがとうございます 
 
ちゃびさんのおかげで、10点1000円ポッキリ明朗会計になりました。ありがとうございます。
大活躍でした。
あとは、的中だけですな。
いやいや~! 
 
大活躍なんて、身に余りまくるお言葉です!(笑)

でもSTさんが加わってくれて、
さらに1000円というキリの良い金額になったのは良かったです^^
やっぱり企画モノは、この辺スッキリしている方が気持ちがいいですね~。

STさんの参加、そして予想に乗ってくださる方々の参加があるのも、
ひとえに、すけえもんさんのお人柄だと思います。

単複さんの復活も嬉しいです。

なんとか的中させたいですね~。
楽しみましょう!

コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/704-6e0c52eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。