スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有馬記念の予想 
 
さあ~有馬記念です。

今年最後の大一番がやってきましたよ~。

有馬良ければ全て良しなんて言葉もありますからね。

まぁ同じような文章を明日の阪神カップ、

そして東京大賞典の日に使う可能性が高いのは、あらかじめ言っておきますけどね。

とにかくも、この有馬記念が日本競馬の、

年間でいうところのメインレースってところですな。


それはそうと、本日の土曜日開催。

ラジオNIKKEIをワイド&3連単に加えて、

10Rの六甲アイランドSも本命対抗が1、3着に来てしまったりしていて、

思わぬ前夜祭になりましたわ~。

まぁ有馬記念の記事なので、

この話は、今年の競馬が終わった後の週にでもゆっくり書きますかね。

明日の「本番の方」の祭りも、この勢いで乗り切りたいんですけどね~、

考え方変えると、前日で運使っちゃった?みたいな話でもありますからね。

大概はそういうオチになりがちなんですけど、

明日はそうならないようにと、願うばかりです。

フリじゃないですよ(笑)


さて、予想の方に参りましょうかね。

今年はなんと言っても、オルフェーヴルの引退レース。

ココで勝って有終の美を飾るのか、注目されるところですな。

今回引退レースということも含め、

仕上がり具合がどうの、追い切りがどうのって話もあるみたいですけど、

それでも世界の暴れん坊、オルフェーヴルですからな。

これまで、名シーンをたくさん作ってきた、

名馬という言葉が、なぜだか似合わないスーパーホースの引退レースで、

馬券を買わずに勝たれるってオチは、あまりも強烈なショックになりそうだ。

ヒモが引っかからずに外れるってのはまだアリなんですけどね。


で、有馬記念、中山のGⅠってことを考えた時に、

捲れる能力ってのは個人的に大事な要素のひとつだとは思っていて、

そういった面で、オルフェーヴルは強さの上に捲れる強みもある、

しかしながら状態はどうなのだろうか・・・?

引退レース仕様なのか、どうなのか・・・。

って狭間で、

だいぶ揺れていたんですけどね。

この馬の最後のレースは馬券持っておきたいってのと、

個人的に宝塚記念で買えなかったリベンジの気持ちもあるんで、

最終的に、オルフェーヴル、買うことにしますわ。


で、オルフェーヴルは本命の気持ち半分、引退特別枠って部分もあるので、

予想の上での軸としては、違う馬にしておく。


今回の有馬記念、

もし波乱があるようなら、デスペラードにその主役を期待してみる。

仮に、オルフェーヴルが負けるような馬がいるとすれば、

それは、展開面でものすごい差があった時の、逆の立場にいた馬か、

もしくは、まだ見せてない部分を持っているような馬だとは思う。

デスペラードは、最近パッとしない成績ではあったが、

前走のステイヤーズSでは、直線1頭だけ違う脚で圧勝。

ステイヤーズSから有馬記念ってのは、かなり厳しい部類に入るとは承知してはいるのだが、

同じ中山で2~3度の坂越えレースを、

先行して、最後もソコソコ切れたっていう、新しい味を見せた前走は、

ひょっとしたらココでも面白いかな?と思ってしまった。

つまりは、結果も良かったが、それよりもこの方向転換。

今回は下した相手とは、だいぶ違ったメンツと走ることになるが、

相手関係なしに、ちょっと怖いんじゃないかなぁと思ってしまう。

久々の快勝で、馬にスイッチ入ったかもしれないし。

で、怖いって思わせる要素のもうひとつが、

前走、デスペラードの違う引き出しを引っ張り出した、横山典騎手。

この騎手は、こういうことやって勝つと、

ニヤリとして、なんだか色気付きそうな感じがあるし、

なにせ、長距離のレースはうまい。

なんか、スタミナにモノを言わせた先行策とかもあるんじゃないかと、

ちょっと期待してしまう。

まぁ、この馬が勝つ流れになるには、自身が先行することと、

キレ味の勝負にならないために、それなりには早い流れに持ち込むこと。

この辺も必要になってくるとは思うんで、

そう簡単には行かないでしょうけどね~。

まぁ、ココで波乱起こすには、それぐらいの材料は持ってこないと話にならんってことで、

期待しておきます。


で、相手も波乱期待で、トーセンジョーダンを指名しておく。

ジャパンカップは、よく粘りましたわ。

後続が追い抜こうにも、脚色が一緒なもんだから、抜けそうで抜けない。

トーセンジョーダンの良いところが出たレースでしたわ。

で、ちょっぴり驚くのは、

この馬が得意とするのは、もっと速い流れの中での底力勝負のはずで、

それが、ちょっと緩めのペースをジェンティルドンナと先行して、

最後は同じ位置で競馬をしたジェンティルドンナとタイム差なしですからね。

実際は、ハナ+クビ差ではありますけど。

これは、状態の良さを買って、もうワンチャンありと、

気合の決断!をしました。

大外枠ってのが引っ掛かって、今回はデスペラードの方を少し上に取りましたけど、

明日、本番までにPAT口座が増えてたりしたら、

頭も少しだけ買っちゃう感じですわ。

頑張らんかなぁ~。


で、今回、デスペラードとトーセンジョーダンの2頭を取ったのは、

ちょっとだけ共通の理由もあって、

今の中山の馬場って、ちょっとキレ味が奪われて、パワーとかスタミナとか、

その辺の要素が強く出やすいんじゃないかって思ってるんですよね。

これは、パッと見ていて感じるような感覚的なところで、

実際はそうでもないのかもしれないんですけど、

先週は、中山コースの朝日杯を、アジアエクスプレスという、

ダート2戦2勝の、米国産の馬が完勝した一方で、

現時点でキレ味タイプに見えるアトムが、

伸びてはいるものの、もうひとつ切れずに負けたってのが、

ちょっと考えるところがあって、(プレイアンドリアルは良くわからないけど)

加えて、今週の雨で、土曜の馬場もちょっと渋ったところも考えると、

元はダート馬のデスペラードや、

洋芝をこなしている、パワー系のトーセンジョーダンあたりには、

今の馬場は有利に働くんじゃないかなぁと、

思ったりしたんですわ。

その辺りも含めて、この2頭を応援ということで。


馬券は、

オルフェーヴルと、デスペラードの頭固定、

トーセンジョーダンに、最内枠持ってきたダノンバラードを2着まで。

3着にウインバリアシオン、アドマイヤラクティ、ヴェルデグリーン、

ゴールドシップ、ルルーシュ、ナカヤマナイト。


この組み合わせで、有馬記念に臨みます!

そして、よほど前半戦でやられない限りは、トーセンジョーダンの頭からも、

ちょびっと買います。


いや~今年も激しく悩んだな~。

さ~楽しむど~!


スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/706-5b487c96

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。