スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィリーズレビューと中山牝馬Sの予想。 
 
さて日曜重賞の予想と行きましょうかね~。

牝馬重賞2発ですわ。

まずは若駒の戦い、フィリーズレビュー。

ココは、ホウライアキコをどう扱うかが肝ですな。

3連勝で迎えたジュベナイルフィリーズで7着。

実力の底が少し見えてしまった感も無くはないが、

6着以上の馬は、結構実力馬が揃っていて、

なんなら後ろは3馬身ほど離しましたよって感じだったので、

人気背負ってた分、なんだか残念な着外には見えるかもしれないが、

実際のところは、強い馬たちと争っての立派な7着と言えるかもしれない。

レースを振り返ってみても、いかにも距離が長かった感じの負け方に感じるし、

結果的には前が止まる展開の中で、大外枠から道中攻めて行った競馬で、

この結果は致し方なしという見方もできそうな気がする。

もともと小倉1200mからやってきて、デイリー杯も距離どうなの?

って感じもあったので、

その辺りの背景を考えても、ジュベナイルフィリーズは、挑戦する価値はあったとしても、

本質的には距離が短縮する方が、良いように思える。

ギリギリっぽいマイルでも、朝日杯5着のアトムに勝っているし、

ココは落ちた人気を回復させるチャンスのはず・・・と見たい。

って、言っても1番人気なんですけどね。


ってことで、ホウライアキコの距離短縮で復活パターンで、この馬を軸で考えたい。

馬券と相手は悩むが、

人気薄から多めに散らすってならまだしも、

牝馬の、それも若駒の短距離戦なんて、なにが飛び込んでくるかわからない上に、

人気馬から入るって形なので、ホウライアキコから馬単で攻めておきたい。

相手は、エスメラルディーナ、ホッコーサラスター、アドマイヤビジン、ダンスアミーガ、

リアルヴィーナス、ヤマノフェアリー、マイネヴァリエンテ。

一応、本命路線としてのエスメラルディーナ、

そして、オッズの安さを考慮してヤマノフェアリーは多めに行っておきたい。

で、ホウライアキコは、これまでのレースを見る分には、(気性的にも?)

前にいる馬はキッチリ交わしてくれる気はするので、

やられる形があるとしたら、

先頭に立った後ちょい気合が足りなくなって、差し追い込みに食われる形。

これは距離適性うんぬん関係なく否定できないところではある気がするので、

ホッコーサラスター、アドマイヤビジン、ダンスアミーガの差し追い込み軍団、

そして、脚質は違うが、エスメラルディーナ。

この4頭からホウライアキコへの馬単の裏パターンも持っておきたい。


中山牝馬Sは、トーセンベニザクラとエクセラントカーヴから入っておく。

メンバー見た感じでは、中山中山してる馬があまりいない。

個人的には、牡馬以上に、牝馬は中山のコース適性が出やすいイメージがあるので、

中山コース > 阪神、東京コース > 他って感じの見方で絞ると、

前走快勝の勢いも含め、自分の中では中山巧者のトーセンベニザクラ、

そして、中山の京成杯AHを勝った、目下4連勝中のエクセラントカーヴ、

この2頭に絞りたい。

割りとスンナリ軸が決まったので、

この2頭の頭を意識して、3連単で馬券を組みたい。

2、3着には、ケイアイエレガント、アロマティコ、キャトルフィーユ、アグネスワルツ、

3着に、ノーブルジュエリー、フーラブライド。

他にも、気持ちもう少し拡げたいところではあるのだが、2頭軸で、

2着もソコソコ頭数いると、この辺りがギリギリのラインですな。

60点。

あとは余裕があれば、トーセンベニザクラ、エクセラントカーヴ、ケイアイエレガント、

この3頭のワイドBOXで。

まぁ余裕っていうか、よほど負けこんでない限りは買うんですけどね(笑)


明日はメインで結構使いそうだなー。

それまでの競馬をうまく乗り切りたいところですわ。




スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/743-f7f4ee32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。