スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青葉賞の予想 
 
さて青葉賞の予想と行きましょうかー。

良いですなー春の東京開催。

東京芝2400mが2つもあるなんて、なんと素晴らしいことでしょうか。

このあたりからダービーへの気持ちがだんだんと高揚してきますな。

とは言っても、明日も用事が控えてるから、現実的には青葉賞オンリーになってしまうかなー。

さて、青葉賞。

過去の傾向としては、

フェノーメノ、ウインバリアシオンのように、

皐月賞トライアル参戦組含む、重賞経験組(ソコソコの着)が基本的は有力で、

距離の壁を格で制すって感じで見るのが良いでしょうかねー。

アプレザンレーヴは、毎日杯3着からココ1着、

アドマイヤコマンドも毎日杯2着からココ1着ですしね。

その路線で考えると、昨年はサトノノブレスか、ダービーフィズか、

レッドレイヴンあたりが勝たないと、話が違うぞ?って感じなんですけどね。

まぁ昨年は、ちょい前が頑張る展開のプチ波乱でしたな。

しかしながら、よほどのインパクトがない限りは、

重賞組を上に取りたい。

あとは、東京1800m以上の実績でですかね~。


そんなところから行くと、今年はマイネルフロストあたりになるかな?

前走の毎日杯を勝って、イスラボニータ含む結構いいところの共同通信杯4着。

一番人気なっても良い感じではあるのだが、

距離面の不安と安定感のなさ、血統的な部分で、

前日段階ではワールドインパクト、ラングレーに人気を譲ってる感じだ。

この、安定感の無さって部分は判断が難しい。

本当に安定感が無いのか、これまで実力の片鱗を見せてきての、

前走プチ開花なのか。

そこさえ問題なければ、ここは勝負になるはずだ。

相手は、ラングレーかな。

東京2400mのゆりかもめ賞を完勝して、毎日杯は馬券内と言って良い内容の4着。

中山の京成杯だけやっちまったものの、

重賞で力出せていて、距離の幅を見せているところを見ると、

ここは大いにチャンスありと見たい。

他では、ワールドインパクト、ピオネロ、あたりも押さえて置きたいが、

人気薄い側では、ナスノアオバ、シャンパーニュは引っ掛けておきたい。

ナスノアオバは、逃げの形で判断が難しいとは言え、

スプリングSで7着と、額面的にもソコソコここで狙える可能性を秘めている上に、

水仙賞ではキッチリ勝ってるので、逃げの形を取るようになってからは、

結構良い競馬が出来てると言えるし、距離延びるのもプラスになる可能性もある。

スプリングSだって、前半、前に行ってた組が崩れる中で、

ソコソコ頑張ってましたからねー。

東京もこなしているし、

鞍上も乗り替わりになるが、先週ノリノリだった三浦騎手だし、少し期待しておきたい。

シャンパーニュも同型にはなるが、

あすなろ賞、アドマイヤデウスの2着、

そして距離伸びた、ゆきやなぎ賞ではサトノアラジンを押さえての勝利。

初東京ではあるが、人気的はこれも甘い感じになりそうなので、

引っ掛けておきたい。

あとは、トゥザワールドを意識すると、若葉S3着のアドミラルシップ。

これは休み明け、キャリア3戦目ながらも、ここでは上位評価した方が良さそうではある。

意外と頭であるかな?

ゼンノロブロイ産駒で、東京だし。

ヒモ側では、ショウナンラグーン、ウインマーレライ、ゴールドアクター、ヤマノウィザード。

この辺りまで拡げておく。

馬券はこの形で、マイネルフロストから3連系になるかなー。

複だと39点。

単だと頭固定54点。

複だと、マイネルフロスト頭で行って良いか迷うところではある。

とは言え、複だと3点のトリガミ含む、安い馬券になる可能性は高い。

でも、データ的にはマイネルフロスト頭ってのも、無理が利く感じでもある。

うーん。

悩むが、東京開催を味方に、頭の方で狙っておきましょうかねー。

で、あとはワイドでカバーしときましょう。

ワイドは、ピオネロ、ナスノアオバ、シャンパーニュ、アドミラルシップのボックスで。


うおっし、ここからギア上げて行くぜーっ。

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/763-57417bad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。