スポンサーサイト 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
反省をしてみる(前回の記事から) 
 

反省は大切だ。

このブログも元々、下らん独り言と、競馬の反省・復習の場として設けたつもりだ。

馬券というのは、比率的に外れるのが多い。

人気どころの複勝だけを買い続ける戦法以外は、ハズレ馬券が多くなるのは、まず当たり前だ。

で、外れるのが当たり前だからと言って、

「ハズレた~。ハイ、次々~!」

ではダメなのだ。

気持ちはそんな風に軽く切り替えたいが、それでは馬券は上手くならないのだ。

バカボンのハパなのだ。

どんなデータから何を読みとって、どういう思考でハズレ馬券になったか、

その失敗のプロセスを体に染み込ませる必要があると思う。

結果だけはちゃんと覚えてるのに、どうやって外したかは忘れがちだ。

勝った時の馬券の買い方だけ調子良く覚えていてはダメなのだ。


無意識下の思考・察知能力を底上げするっていうのかな。

今後馬券を買う際に、果たして、「これでいいものか?」

と、例えそれが何かハッキリしなくても、

危険信号を発信して欲しいのである。

勿論、あまり深読みしすぎて、それが仇になることもあるだろうが、最終的には良い結果をもたらすと思うのだ。



がぁ~!!



自分で書いててなんか疲れた。。

堅い考え方って嫌だなー。

疲れるなー。

こんな頭がフニャフニャのやつだと尚更…。

でも柔らかすぎてもダメなのさ!



で、実はこっからが本題


先週の予想の際、ブログと並行して行っていたのだが、

このブログは見ての通り、最近始まったばかりのフレッシュ極まりない爽やかブログだ。

まぁ後半部は少し語弊があるが。


やはり最初は色々と説明やら何やらを見たり確認したりしなきゃならない。



で…、



とどのつまり、時間がかかった

文面を装飾したり、色々な機能の説明を見ているうちに、札幌記念の発走が近づいていたのだ。

馬券は、大体の予想は前日に目星を付けておくが、

馬券を買うのは当日の発走30分前からで、さらにその前の30分は最終チェックの時間として使いたいと考えている。

しかし今回はその時間がなかった

ギリギリまでブログを書いていた。

馬券はI-PATで買っているのだけども、馬券買うのにメチャクチャ焦った。

残り0秒くらいまでカチカチしてた。

当然買えない馬券があった。

買い目を事前にメモに取ったりしてたわけじゃなかったので、買うつもりだったよーな気がする買い目をとにかく入れまくった。

今回はブエナビスタ軸で奇策も少なく、馬券も組み易しと不幸中の幸いだったが、

ちょっと悔いが残った。


小倉日経オープンなんてあまりに酷過ぎた。

小倉記念を人気薄で好走(とは言っても相当混戦だったが)のエーティーボスと、上位くさいテイエムアンコールくらいしか目星をつけておらず、時間もなく、外枠3頭の適当3連複1点で終わった。

人気上位の3頭だったから、来る可能性も十分にあったが、

こんな風に買った馬券の末路は結果の通りだ。

買わない方が良かったのだろうが、結局は時間配分のミスだと反省したのだった。

今後、こんな馬券以前のレベルでミスしてたら先が長くない。

しっかりしよう!


という反省中心の内容でした。




それにしても、ちょっと記事が長すぎるな。

助右衛門さんのブログにも、何度も長いコメント書いてだいぶ迷惑をかけた。

もう少し短くならんかな?



俳句でも勉強するか。
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
 

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
 
http://xavier6roman10tfrock.blog88.fc2.com/tb.php/8-03995319

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。